topimage

2017-09

緑と水の子ども会議・加茂農林高等学校 - 2011.10.13 Thu

岐阜県の小中学校、高等学校、特別支援学校などでは
森林や水の大切さ、森、川、海のつながりを学ぶ
「緑と水の子ども会議」という取り組み(授業)が行なわれています。

10月7日(金)、加茂農林高等学校で緑と水の子ども会議が行われました。
林業工学科3年生の課題研究「環境班」の7名が竹林整備に向かいました。

「環境班」は竹林整備の他にも休耕田を利用して米づくりやドジョウの養殖をしたり、
人工林を間伐し広葉樹を植樹して混交林をつくることを実験的に行ったりと、
里山整備に関わる活動に取り組んでおられます。
課題研究では「環境班」のほか、「林産班」や「木工班」、「水質班」などがあるそうです。

kamo2.jpg

この竹林は、美濃加茂市内にあり、個人の方から借り受けて整備をすすめています。
手入れの行き届いていない竹林は、写真のように枯れた竹が折れてあちこちから飛び出し、
人が入り込めないほどの凄まじい状態になっています。

kamo3.jpg

この日は、近隣の小学校に竹馬づくりを指導しに行くための材料の調達をおこないました。
程よい太さの竹を160cm程度の長さに切りそろえていきます。

kamo4.jpg

整備で伐った竹は、竹馬の他、竹炭にも利用されます。
学校の校舎裏にある炭焼き窯では、「林産班」が竹炭を焼いている最中で煙をモクモクと上げていました。
竹割り器を使っての竹割りを実演していただきました。

kamo1.jpg

農林高校ならではの面白い取り組みがたくさんあり、
教わる側から伝える側まで多くの学びがありそうです。

Wrote:前西
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/96-3d843f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イケメン猟師と山歩き&猪鹿バーベキュー «  | BLOG TOP |  » 武儀東小学校でモデル木育教室が開催されました

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (37)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR