topimage

2017-07

モデル木育教室@加納西保育園 - 2011.08.10 Wed

8月9日(火)、岐阜市にある加納西保育園にてモデル木育教室『水の積み木づくり』が行なわれました。
講師は岐阜県木育推進員(木育レンジャー)の福島さん(通称ふくちゃん)です。

kanounishi1.jpg

積み木のパーツは8個。5種類の木(スギ、ヒノキ、クリ、ホオ、カシ)でつくられています。
それぞれがどんな木なのか、
においをかいで、手で触って、音を鳴らして、葉っぱにも触れて、
みんなひとりひとりが違うみたいに、木もみんな違うんだね、ということを感じます。

使う道具は紙やすり。
下に敷いて木をこすりつけたり、紙やすりを手に持って削ったり、
木目(もくめ)にそって消しゴムのように前後に動かし、木口(こぐち)は円を描くように、と
使い方のコツを教わります。

kanounishi2.jpg

まずザラザラをツルツルにします。
いい手つきですよね。ピースの指をそろえた2本の指と親指で紙やすりをはさんで持ちます。

kanounishi3.jpg

そして、角のチクチクをまるくします(面取り)。
しっかり脇をしめるのも削るときのコツ。

kanounishi4.jpg

出来上がりは、自分の手で確かめます。
ザラザラのところやチクチクのところはないか、目を閉じていっぱい触って確かめます。
少し紙やすりをかけただけでもその違いを感じることのできる「手」はすごい!

蜜蝋(ミツロウ)に荏油を混ぜたワックスを塗り、水に強い仕上げをして完成です。

早速プールで遊びました。
小さな桶だと浮かべられても、プールだと波が大きくて難しいです。
転覆の繰り返し。重いカシの木を乗せるとバランスをとるのが難しい...

kanounishi6.jpg

やった~!!!全部のせられたときのこの喜び☆

kanounishi5.jpg

遊んだあとは、しっかり水をふき取って
きちんと乾かして、湿気の少ない風通しのよいところで保管します。
水に濡れると、細かい繊維が起き上がって表面がザラザラになるのでまた紙やすりでツルツルにします。

kanounishi7.jpg

少し面倒な気もしますが、自分たちでお手入れをすることで
たくさん木に触れ、ものを大切にする気持ちを育むことが出来ればと思います。

Wrote:前西
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/58-3e79af5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

むげがわ保育園でモデル木育教室が開催されました «  | BLOG TOP |  » ぎふ山の日フェスタ

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (33)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR