topimage

2017-07

森の恵みを活用しよう!(七宗町立神渕小学校) - 2017.03.10 Fri

 森の恵みを活用しよう!

神渕小

 岐阜県では、「自然体験活動や森林環境教育を行いたい!」と思う学校を支援する『緑と水の子ども会議』を行っています。
 2月14日(火)、『七宗町立神渕小学校』5年生による「シイタケの菌打ち体験」が行われました。

神渕小・講師

 5年生11名のうち、なんと半数近い家庭でシイタケの原木を育てているそう。でも、菌打ちをしたことがあるのは1名だけ。皆で足並みをそろえて菌打ちスタートです!
 この日の講師は『可茂森林組合』の高木さんと長瀬さん。これまで「森林の働き」について教えていただく中で、森林のサイクルを保つためには適度な伐採が必要であり、伐採した木材を有効活用することが大事だと学んできました。その活用方法の1つとして、今回はシイタケ栽培の原木として利用します。

神渕小・穴あけ

 木材にドリルで穴を開けます。
 穴の間隔はだいたい15cm程度。手でだいたいの幅の目星をつけながら穴を開けていきます。
 初めて使う機械に最初はぎこちない様子ですが、数回開ければすぐに感覚をつかんでテンポ良く作業が進んでいきますよ!

神渕小・植菌

 開けた穴にシイタケ菌(今回使ったのは駒菌)を打ち込んでいきます。「1つ1つ打ち込むよりも、先にいくつか(駒菌を)穴につめておいてから一気にトンカチ使った方が早いよ!」「ほんとや~!なんかモグラ叩きみたいでおもしろ~い!」

神渕小・名札

 写真上段、穴あけの順番待ちをしている間に、ワイワイ楽しそうに書いたネームプレート!キノコの絵をあしらったりして、雰囲気出てきましたよ!
 写真下段、協力しながらネームプレートを自分のホダ木に打ち付けたら終了!

神渕小・菌打ち完了

 「(シイタケ)たくさん出るんだぞ~!」と願いを込めてホダ木を休ませます(仮伏せ)。2~3年くらいするとシイタケが出始めるようなので、卒業後も小学校へ遊びに来られるのでしょうか?生えてくるのが楽しみですね!
 「今日の感想は…?」と先生が聞くと、なんと全員が挙手してくれましたよ!
 「楽しかった!」「家でもシイタケの木はあったけど、菌打ちはしたことがなかった。これでやり方もわかったから、家でも菌打ちを手伝いたい!
 神渕小学校5年生の皆さん、これからも森林の働きのためにも、いろんな方法で木材を活用していってくださいね!

 この活動は「清流の国ぎふ森林・環境税」を活用して行われました。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/555-4802d7dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平成28年度 岐阜県みどりの少年団活動発表大会 «  | BLOG TOP |  » 吉良見を語り継ぐ場所づくり!(吉田地域活性化委員会)

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (32)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR