topimage

2017-09

森の通信簿in付知(付知町優良材生産研究会)その2 - 2016.08.09 Tue

~森の通信簿in付知(付知町優良材生産研究会)その1~
に続いて、『付知町優良生産研究会』「森の通信簿」を紹介します。

付知通信簿・水の調査

 森の調査が終わったら、今度は川の調査に移ります。
 川辺に来ると森の中よりも体感温度が低く感じるようで、みんなの顔が生きかえります!
 川のにごりをチェックプレート(写真左下)で確認したら、流れる水の量を測定するためにスタートとゴールを決め、笹舟を作って流れるタイムを測ります。「僕も作りたい!」と手際よく笹舟を作る男の子。街に住む子だと、作り方を教えるところからスタートすることになるので、付知の子たちはきっと普段から自然と触れ合えているのですね!

付知通信簿・採点

 全ての測定を終えたら、採点していよいよ通信簿を作成します!
 「付知研究会」の方々に教えてもらいながら一生懸命採点する子どもたち。
 調査した項目について、0点から3点まで4段階で採点していき、5つの機能(土砂流出防止機能木材生産機能快適環境機能生態系保全機能水源涵養機能)について総合的に評価します。
 「(評価表の五角形について)一番外側が一番いいってことやから、ちょっとずつ足りないけど、バランスはすごくいいことがわかるな!」「先生(森の通信簿を提唱する岐阜大学の篠田先生)が、7点くらいなら充分合格やって言っとったで、まずまず合格なんやないか?」木の健康チェックで“過密”宣告を受けた森の評価に不安を感じていただけに、意外なバランスの良さに皆さんホッとしました。

付知通信簿・集合

 「今日の調査で、付知の森はバランスがいい森だということがわかったから、これから少しずつ木を伐っていってもっといい森になるように頑張っていきます。」とまとめをしてくださったのは「付知研究会」会長の三浦さん。
 『付知町優良材生産研究会』は20代後半~75歳くらいまでの31名で活動しています。ヒノキ林の整備の他にも、小学生の記念植樹の補助や、森についての座学や木工、炭焼きなども行っています。
 今回の通信簿の評価を受けて、今後の森林整備の目標が定まったようです。「付知研究会」の皆さん、これからも地域の大切な森をよろしくお願いします!

 この活動は、『清流の国ぎふ森林・環境税』を活用して行われました。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/513-d558a20d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美濃白川「山の日のつどい」(白川町・笠松町山の日交流事業)その1 «  | BLOG TOP |  » 森の通信簿in付知(付知町優良材生産研究会)その1

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (37)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR