topimage

2017-11

秋のカフェトレッキング!(NPO法人 飛騨小坂200滝) - 2015.11.11 Wed

 自然体験まちづくり
 11月9日(月)、日本一滝の多い町、下呂市小坂町で自然体験を中心としながらまちづくり活動に励む『NPO法人 飛騨小坂200滝』(以下「200滝」)の活動におじゃましてきました。

カフェトレッキング・がんだてマップ

 この日行われたのは、年4回(春2回,秋2回)開催される「カフェトレッキング」
 道の駅「南飛騨小坂はなもも」内にある「飛騨小坂ビジターセンター」に集合し、メンバーの自己紹介を終えたら「がんだて公園」に移動してトレッキングスタート!
 巌立(がんだて)の地形は、過去の御嶽山噴火時に流れ出た溶岩で一夜にして出来あがったものだそうです。昨年の御嶽山の噴火が記憶に新しいだけに、自然の脅威を思い知らされます。
 ただ、恐ろしいだけではなく、同時に柱状節理(ちゅうじょうせつり)という、岩が柱状に連なったような美しい地形を作り上げるのです。

カフェトレッキング・がんだて公園

 巌立を見上げて実物をながめると、柱状節理がどんなものか納得できますね!「ほんとだ!柱みたいに縦長の岩が連なってるね!」
 色づく木々の紅葉など、周囲の遠くの自然も楽しんだ後、ふと下を見下ろすと、今まさにドウダンツツジも紅葉の見ごろを迎えているようで、燃えるような赤色を楽しむことができます!
 トレッキングでは、遠景・近景・左・右・上・下など、いろんな角度から物事をとらえることで、楽しみが一層広がります!
 写真左上と写真右下の巌立、同じものですが、ほんの数m移動して下から見上げるだけでも迫力が全然違いますね!

カフェトレッキング・トレッキング

 写真左上、遊歩道に落ちているモミジを拾って、「モミジは、テーブルに置いたり、和菓子に添えたりしてもいいですよ!」風流ですね!
 写真右上、この日は雨上がりだったため川の水量も多め。マイナスイオンもとても多く発生していました。「マイナスイオンは、血圧を正常にしたり、お肌にもいいみたいなので、女性の方はたっくさん浴びといてください!」
 写真右下、橋から滝に向かって「ヤッホ~♪」滝の水量が多すぎて、みんなで大声でよびかけても、やまびこさんはこたえてくれませんでした!それだけ自然の力は偉大だということですね!

カフェトレッキング・珈琲メイン回

 天気が良ければ、溶岩台地でカフェを楽しむところですが、この日は今にも雨が降りだしそうな天気。残念ながらカフェは別場所へ移動して行うことに…。せっかくなので、11月5日(木)に行われた「カフェトレッキング・コーヒーメイン回」の様子を写真でお届けします!たくさんの木々やフカフカの落ち葉の森でのハンモッキング、木漏れ日が優しく包み込んでくれます!こんな素敵なロケーションの中での本格的なカフェ贅沢な時間をすごせますね!

カフェトレッキング・林業今昔

 写真左の石垣は、かつて小坂地域が林業で栄えていた頃に、森林から伐り出した木材を運び出すのに使った「森林鉄道」の名残です。
 写真右のトラックは、現在の木材を運び出すトラックと重機。偶然にも林業の今昔を同時に見ることができました。
 昔は、この小坂から出した木材を江戸で使うために3年かけて運んでいたようです。今はその気になれば1日で運べてしまい、人類のめざましい進歩を感じます。ただ、3年もかけて運んでいた人々の想いは大切に残していきたいですよね。そこで今、この小坂では、森林鉄道を短い距離でもいいから復活させることを夢見ているそうですよ!小坂森林鉄道の復活!ぜひ見てみたいです!

カフェトレッキング・CTのすすめ

 場所を『飛騨小坂ウッディランド・ふれあいの森』に変えてカフェタイムスタート!「ジークフリーダ」の北條(ほうじょう)シェフから「カフェトレッキングのすすめ」(写真上段は、当日資料の一部分のみ)のレクチャーが始まります。
 実はこの「カフェトレッキング」は、下呂市萩原町にあるケーキ屋さん『siegfrieda(ジークフリーダ)』(以下「ジークフリーダ」)の北條シェフのアイディアからスタートしました。
 アウトドア好きだった北條さん。アウトドアクッキングを見かけるようになってきたけれど、アウトドアで本格的なカフェはまだ見かけない…。今までなかったことをやってみたいと思っていたところに、「下呂市から行政とお店が協力して何かできないか…。」と提案をうけ、トレッキングをしながら本格的なカフェも楽しんでしまおうと、「カフェトレッキング」を提案します。せっかくスイーツにこだわるのだから、コーヒーも専門家を!と、同じく下呂市萩原町にある喫茶店『自家焙煎珈琲の店 緑の館』(以下「緑の館」)に話をしたところ、こちらもアウトドアでコーヒーを楽しんでいるようなアウトドア好き!そこで本格スイーツと本格コーヒーがタッグを組むこととなりました!
 一方で、日本一滝の多い町として知られる下呂市小坂町において、地域資源を活用した自然体験でまちづくりを行う「200滝」は、トレッキングやネイチャーガイドのベテランです。
 そこで200滝がトレッキング部門を担いたいとオファーをかけて、このカフェトレッキングというコラボレーションがうまれたそうです。
 この資料を読んだだけでも、カフェトレッキングに対するワクワク感がこみ上げてきますが、なんと資料の裏面には、「ジークフリーダ特製カスタードクリームレシピ」が掲載されていましたよ!こんな貴重な企業秘密を…太っ腹ですね!!
 さて、カフェトレッキングを楽しもうと思うと、本格的な道具がたくさん必要なのでしょうか?いえいえ、荷物が多すぎると途中でバテてしまってトレッキングが楽しめませんよね?「荷物はできるだけ少なく!」が基本です。この日、北條さんが持ってきた道具は写真下段。ほとんどかさばらず、非常にコンパクトです!ところが、こんなにコンパクトでも、驚くほど充実したカフェタイムが楽しめますよ!

カフェトレッキング・スイーツタイム

 早速カフェタイムの準備をしていきましょう!スナック菓子にチョコレートをしみこませたお菓子やクラッカーなど簡単に手に入るものに、家で仕込みをしてきた(仕込みの段階から「カフェトレッキング」はスタートしています♪)「ジークフリーダ特製カスタードクリーム」やクリームチーズなどをのせます。そこにきび砂糖や三温糖などの茶色の砂糖をふりかけて、カセットバーナーで炙ってキャラメリゼしたら、贅沢・豪華なスイーツの完成です!森で仕上げをしたり二度焼きをしたりすることで、更においしく出来たてを楽しめるのですね!他にもぜひ取り入れたいアイデアがたくさんありましたが、これ以上はぜひ年4回行われる「カフェトレッキング」にご参加ください!
 北條さんのレクチャーの後は、皆さん自分のアレンジを加えながらオリジナルスイーツ作りを楽しみます!「ん~!!おいしい~!!」「これに○○を加えてみたらどうかな?」なんてワイワイ盛り上がるスイーツタイムに、最初は「僕は食べる専門でいいから…」なんて遠慮されていた参加者のお兄様も、バーナー片手に1dayパティシエを満喫されてましたよ!

カフェトレッキング・珈琲タイム

 スイーツにこだわったら、やっぱり飲み物にもこだわりたいですよね!
 ジークフリーダと一緒にカフェトレッキングを盛り上げる「緑の館」で提供される豆を挽いたコーヒーで、「緑の館」直伝のドリップ方法をレクチャーしてもらいながらコーヒーを淹れます。少しお湯を入れて蒸らしていると、モコモコと豆が膨れ上がってきます。「いい匂いだね~!」その後、少しずつお湯を足してできあがったコーヒーは、「あっ!甘~い!!

カフェトレッキング・のんびりタイム

 今回のカフェトレッキングはスイーツメイン回!ということで、皆さんがスイーツ作りやコーヒードリップを楽しんでいる間に、北條さんさすがのスピードでジークフリーダ特製おもてなしスイーツプレートを作ってくださいましたよ!
 ハンモッキングを楽しみながら、淹れたてのコーヒーとスイーツプレート!なんて贅沢なカフェタイムでしょう!!このハンモックがまた優秀です!コンパクトに持ち運びができる上に、自然を傷つけることなく取り付け・片付けができる!何より自然豊かな場所で四季の移り変わりを肌で感じながら味わうゆらゆらとしたハンモッキングの浮遊感がまたたまらないですね!時間さえあれば、ウトウトとお昼寝なんて気持ちよさそう!
 ハンモックは、道具さえそろえば簡単に手作りできるようですよ!「作りたい~!ぜひハンモック作り講座開いてください!」なんて熱烈なオファーもあり、ひょっとしたら、「トレッキングをより一層楽しむハンモック作り講座」が開催されるかも?皆さん、「小坂の滝めぐり(NPO法人 飛騨小坂200滝)」のホームページや、「飛騨小坂200滝」フェイスブックページをこまめにチェックしてみてください!

巌立

 こうして終えた「カフェトレッキング」。参加者の方々も、「お店で食べるのとはまた違った雰囲気を楽しめた!」「五感で楽しむことができた!」「ガスバーナーやハンモックを初めて体験できた!自分でもできそうなので、もっと人生を楽しみたい!」「自分たちでもやってみたい思った。グッズを揃えたい!」と、大満足の感想が飛び交いました。今回のイベントは、「誰でもできる森の楽しみ方を伝えること」が目的。充分すぎるほど達成されましたね!
 「(NPO法人 飛騨小坂200滝では、)この町の住民が良さに気づいて好きになってもらい、楽しくすごせる所にしていきたいと思っています。子どものために何ができるかを考えると、おのずと見えてくるはず。小さい単位で楽しいことを作っていって、それを広げて大きくしていけるといいな!」
 「200滝」では、カフェトレッキングの他にも、滝を楽しむ滝めぐりツアー、冬場には、雪の上を歩くための「かんじき」を手作りする体験や、「かんじき」を履いて滝を目指すツアーなど、年中自然体験を楽しめます!また、小坂の自然と共存してきた達人の知恵や技を後世へ活かしてもらうためのイベントも開催しています!『小坂の滝めぐり(NPO法人 飛騨小坂200滝)』のホームページをチェックして、いろんなイベントに参加してみてください!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/466-295877a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドングリ拾いで木育を!(グリーンクリエイト株式会社・芽含[めぐみ]幼稚園) «  | BLOG TOP |  » 栗の実る里山に!(生涯里山学習園)

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (47)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR