topimage

2017-02

森のようちえんin花フェスタ(岐阜県立森林文化アカデミー) - 2015.06.19 Fri

 花フェスタに「森のようちえん」がやってきた!
 デンマークの一人のお母さんが始めた、自分の子どもとおとなりの子どもを森の中で保育をしたのが始まりといわれ、北欧を中心に、日本でも広まりつつある「森のようちえん」。岐阜県でも「自然環境のなかでの育児」としていくつかの「森のようちえん」があります。
 
森ようin花フェスタ

 『岐阜県立森林文化アカデミー』(以下「アカデミー」)の森を舞台に、県内初の森のようちえんとしてスタートした『森のだんごむし』のメンバーと「アカデミー」の萩原先生(通称「ナバさん」)が協力して、可児市にある『花フェスタ記念公園』で6日間だけ(6/13,14,15,17,19,20)オープンしました!

森よう・AM虫観察
 
 「森のようちえん」プログラムは、午前と午後の半日コース。
 6月15日(土)の午前は、『森のだんごむし』メンバーと、可児市内の保育園の年長さんでスタート!
 「あ!アリさんみつけたよ~!」「何かわからないけど虫見つけたよ~!!」森の中に隠れている、小さな小さな虫たちをどんどん発見していきます。透明なプラスチックコップの中に虫を入れると、じっくり観察できますね!地面を歩く虫たちは、上から見ることは簡単だけど、下から見ることはなかなかありませんよね。コップが透明なので、普段見られない下から見ることができるので虫のお腹や足の様子までじっくり観察することができますよ!
 「後でみんなでじっくり観察できるように虫カゴに入れて持って行こう!」

森よう・AMおみくじ

 突然ナバさんが木の皮をめくり始めました。皮の裏側をじっくり眺めて、「あ!今日はいいことがあるでしょうって書いてある!」ですって!子どもたちの顔は一斉に「えっ?!」と驚き顔!「本当に書いてあるの?」「書いてあるよ~!」子どもたちは僕も私もと木から一生懸命皮をめくりに向かいます!「これは何て書いてある?」「いいこと書いてある?」「あ!いいこと書いてある!今日はう○ちがしっかり出るでしょうだって!!」みんな森のおみくじで大笑い!
 写真右下の男の子は、誰よりも長いおみくじをゲット!他の子も長いおみくじをゲットしようと頑張りましたが、やっぱりこの子が一番でしたよ!

森よう・AM樹液

 次のナバさんのつぶやきは?「あ!何かいい匂いがする…これだ!ここから甘い匂いがする!」みんなも匂いを嗅いでみると…「木の匂いがする~!」「なんか、カブトムシみたいな匂いな気がする…?」

森よう・AM探検隊

 今まで歩いてきたのは整備された遊歩道。「ここからは探検するよ!」と、今度は道なき道をずんずん進んでいきます。「これ、道なの?」「道じゃないんじゃない?」笹薮をかき分けて歩くのが「なんか怖いよ~。」「うわっ!クモの巣ひっかかったよ~。」なんて不安がる子どもたち。そこでナバさん「大丈夫な子が怖い子を助けてやれよ~!大人は助けないからな!大人は死にそうになったら助けてあげる♪」すると、「オレが先行く!」と1人の男の子。スルスルと歩いていって「こっちから行くといいよ!」とアドバイスしたり、「もうちょっと!はいっ!」と手を差しのべたりと、他の子どもたちにも助け合いの声が聞こえてきました

森よう・AMお城で虫観察

 小さい子たちも一生懸命探検に参加して、自分の足で頂上を目指していると、一足先に頂上に着いた大きい子たちが、「あと少しだよ~!」「早くおいでよ~!こっちにお城があるよ~!」
 お城では、来る途中に虫カゴに集めてきた虫の観察会拡大鏡をのぞきこんで、「うわっ!でっかい!!動いとる!」「どれどれ?見たい見たい!」こんなに小さい虫たちも、一生懸命生きていることをあらためて感じていたように思います!

森よう・AM思い出

 頂上からの帰り道に、「もう1回探検に行きたい!」という勇気のある子たちは2回目のチャレンジをしながら、どの子もしっかりと自分の足で帰ってきました!
 帰ってきたら、歌を歌ってお別れです。初めて聞く歌だからわからないけど、なんだか楽しそうなメロディに体をゆらしながらみんなニコニコ♪歌の途中で「今日はどんなことをしたかな?」という問いかけに、「虫つかまえた~!」「おみくじした~!」「探検した!」と、今日したことを思い出します。ここでこの日にしたこと、見たこと、聞いたこと、嗅いだもの、味わったもの、触ったものを振り返ることで、きっと体験が知識として積み重ねられるのですね!
 最後に笑顔でハイタッチをして午前のコースは終了。みんな「おもしろかったね~!」「ありがとう!」と、楽しそうに帰っていきました。

森よう・PMかくれんぼ

 さて、ここからは午後のコース!
 午前のコースで、子どもたちは小さい虫をあちこちから見つけてきましたが、そんなに簡単に見つけられるものでしょうか?
 その秘密は、森に行く前のウォーミングアップにありました!
 「どこかにかくれてるよ!」と、見せてもらえる絵本には、自然の中に上手に隠れる虫や動物の写真がのってます。みんな真剣な眼差しで本をのぞき込みます!最初は少し時間がかかりましたが、何枚か見ていると「あ!いたよ!」「ココだよ、ココ!」と、大人でも難しいようなかくれんぼでも見つけられるようになってきました!
 こうして目を慣らしてから森に向かうので、次から次へと小さな虫たちを発見できたのですね!

森よう・PMレストラン

 午後からのコースに集まった子たちは、午前の子たちよりも小さい子たちがたくさん。森のお散歩ものんびりペース!ここでもウォーミングアップの成果を活かして、虫を見つけて観察しましたが、この子たちが何よりも盛りあがったのが「森のレストラン」でした!
 スタッフのノエちゃんが落ちていた太めの木の枝を拾って、縦にパカッと割ったところへ、すかさず1人の男の子が葉っぱを差し込んだのがきっかけ!
 「ホットドックや~!」「みんな~!ホットドックできたよ~!!」僕も私もとみんなホットドック作りに夢中になります!小枝を入れたり、笹の茎を入れたり…。小石を入れて、「これはチーズ!」なんてオリジナルのホットドックができていきますよ!「はい!ど~ぞ!」「ありがとう!パクパクパク。おいしいね~♪」と言うと、ニコォ~☆と満面の笑顔!みんな自分のホットドック作りに夢中になっていたら、「ネギ屋~、ネギ屋~!新鮮なネギはいりませんか~?」なんて、材料屋さんまであらわれてました
 写真下段は、いい素材がたくさん集まってきたので、ホットドック以外のお料理もできるようになったみたいです!鉄板の上で炒めて朴葉のお皿に乗せて、小枝のスプーンを添えて、「はいっ!カレーができたよ~!食べて~!」

森よう・PM頂上

 写真左上は、葉っぱの感触の違いを味わいました。フワフワの葉っぱツルツルの葉っぱ!一言に葉っぱと言っても、全然違うのですね!「ねぇねぇ、これフワフワだよ~!触ってみて~!」ナバさんから教えてもらった子が、他の子の先生になって教えてくれました!
 森のレストランが大盛りあがりした午後のコースの子たちはのんびりじっくり頂上にたどり着きました!
 写真左下は、なんとアリジゴクを発見!!恥ずかしながら、私も本物を見たのは初めてです!
 写真右下は、地面に埋まった2つのドングリの帽子。「顔みたい~!」と、サッと小枝を置いて「口」をつけてくれる女の子!見事に顔になりました!

森よう・PM森の神様

 「帰りはこっちから帰ろ~!」という子の提案を受けて、午前のコースとは違う道で帰ります。
 すると…。「あっ!迷路があるよ~!」と、花壇の間を全力で走ります!
 写真右上は、「ウサギさんみたい~♪」
 写真左上は、森に行く前に「木登りしたい!」と言っていた男の子。森の中ではなかなかいい木がなかったため、森から出た公園の木でプチ木登り気分!
 「森のようちえん」では、子どもたちの興味・関心に合わせて自由に内容を組み立てていくため、1日のプログラムは決まっていません!プログラムを与えられて受身で活動するのではなく、子どもたちのタイミングで興味があることを体験できる!意欲的に取り組むので、知識や経験がどんどん身についていきますね!
 写真右下、こうして午後のコースも終了。森に入る前に「おじゃまします!よろしくね!」と挨拶した「森の神様」(入口付近にある、太めの木。太い木は長い間森を守ってきているので、森の神様が宿ってそうですよね!)に、「無事に帰ってこれました!ありがとう!」を伝えて森のお散歩終了です。
 その後、みんなで歌いながら今日したことを振り返ってハイタッチでお別れ。子どもたちはまだ遊びたい!お母さんたちは今日初めて一緒になったお母さんたちと話足りない!そんな名残惜しい雰囲気を感じながらも、皆さん満足そうに帰っていきました。

 こんな素敵な活動をしている「森のようちえん」は、他にも岐阜県内にたくさんありますよ!また、嬉しいことに今後も増えていく予定!!
 森林率(県の面積に占める、森林の割合)が全国2位の岐阜県では、『ぎふ木育』の一環として「森のようちえん」がより一層盛り上がりつつあります!今年(平成27年)の秋、9月27日(日),28日(月)の2日間、『ぎふ木育大交流会』と題して、県内の「森のようちえん」が大集合します!現在、「森のようちえん」で奮闘するスタッフさんたちが集まって、実際に「森のようちえん」に関っている方々が楽しめて、今後の活動に活かせる会になるよう準備中!アツイ意見が飛び交っています
 全国の「森のようちえん」が注目している『ぎふ木育大交流会』!詳細は決まりしだい『ぎふ森林づくりサポートセンター』ホームページでも告知します!お楽しみに♪
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/444-adaba840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木材情報館で木育広場!(ヤマガタヤ産業株式会社) «  | BLOG TOP |  » 竹細工技術を受け継ぐ!(NPO法人グリーンウッドワーク協会・竹部会)

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR