topimage

2017-07

「森の恵み」講座in輪之内町立福束小学校(アサヒビール出前講座) - 2014.10.09 Thu

 岐阜県では、子どもたちに対する森林環境教育の一層の推進を図るため、平成21年度から『企業との協働による森林環境教育』を推進しています。
 10月8日(水)、『アサヒビール(株)』と協働による出前講座『森の恵み』を受講する、輪之内町立福束小学校の4年生25人のクラスにおじゃましました。

14アサヒ

 講師は『アサヒビール(株)』が管理を行う『アサヒの森』環境保全事務所勤務で、環境カウンセラーでもある中村さんが広島県より来てくださいました。
 「どうしてビール工場が森林づくりをしているんだろう?」この問いかけから講座の本題に入っていきます。確かに不思議ですよね?
 中村さんのとても優しい語り口に、元気な子どもたちも静かに聞き入っていきます。
 岐阜県の森林率(県の面積に占める、森林の割合)は全国2位!じゃあ、1位はどこ?という質問に対して、「高知県!」とズバリ当てた女の子。「鮎が有名(岐阜県も鮎が有名)だから。」とのこと。山や森の話なのに、川や魚からつながりを見つけるなんて、柔軟な思考力ですね!すごい!

14アサヒ・木製品

 ビンビールの栓の裏についていたコルク森の恵み(木製品)という森林とのつながりに気づいたところで、自分の身の回りにはどんな森の恵みがあるかさがしてみます。
 グループごとに思いついた物を紙に書き出していきます。
 えんぴつ、つくえ、いす。自分の身近なものがどんどん飛び出してきます。
 しゃもじ、まないた、たんす。家の中へも視点が広がりましたね!
 ピアノ、ギター、笛。そうそう、楽器は木のものが多いんですよね!「楽器はほとんどそうじゃない?」と気付いた子も!
 紙、ティッシュ、段ボール。すごい!木が姿を変えたものまで発見できるとは!!

14アサヒ・木製品発表

 10分の時間を終えて、6グループが順番に発表。先のグループに発表されてしまうと、後のグループは言えないシステム。「あ~!!言われた~!!」どんどん発表できるものが少なくなっていくようですが、自分たちの手柄がたてられるかどうか…。ドキドキしながら他のグループの発表も一生懸命聞いていましたよ!
 さて、子どもたちの中から出てきた森の恵みを使った製品は53個も見つかりましたよ!黒板が木製品でうめつくされました!
 写真右下で中村さんが手に持っているのは、歯磨き粉とガム?「なんでガムがあるの?」子どもたちの疑問もごもっとも。一見、関係ない物が出てきたように思えますが、実はこれも立派な森の恵みを使った製品!両方に含まれている「キシリトール」。これはなんとシラカバの木からとれる成分なのです!!

14アサヒ・休み時間

 森の恵みについて学んだところで、休み時間となりました。
 「休憩時間は外で遊びたい!」と言うかと思ったら、1人、2人…と、ほぼ全員が教卓の周りに集まってきました。みんな中村さんが持ってきた森の恵みに興味深々!!
 チップやペレットを触っている子たちに、「いい匂いがするからかいでごらん!」と中村さん。「うわぁ!癒される~!!」
 木の皮にも注目が集まっていましたよ。

14アサヒ・林業

 休み時間が終わり、木製品を作るのに必要な木が、どうやって森林から運び出されるのか林業の現場を見せてもらいました。
 高性能林業機械で木をつかんだ後、木をスライドさせることで枝がきれいに切り落とされていく様子を見て、「木の枝もちゃんときっとる!すげぇ!」という声が。大きな機械が器用に動いて作業をしていく様子は、見ていて飽きないですね!

14アサヒ・木工1

 森林から木が運びだされるまでを学習した後は、実際に運び出された木を使って、木製品を作ってみよう!と、ルームプレート作りを行います。「やった~!」という声があちこちから聞こえ、早速製作タイムです。
 成形された木のプレートに自由に絵や文字を描いて、自分だけのオリジナルプレートを作ります。「木は、自分で描いて簡単に模様がつけられるという良さがある。」と、中村さん。確かに。プラスチックに模様をつけるのは難しそうですよね。
 みんな熱心に作業をすすめていきます。話題のゆるキャラの絵もありました!
 
14アサヒ・木工2

 出来上がったらヒモを通して完成です!
 側面まで色を塗っている子もいました!「表面よりも色がつきにくい。」いいところに気が付きましたね!

14アサヒ・感想

 こうして終わった「森の恵み」講座。
 最後の感想を聞かれると、とても多くの子が発表したいと挙手してくれました!
 「普通に生活していても、森からの恵みが身の回りにあることがわかった。またさがしてみたい。」「自主学習で家の周りでも(森からの恵みを)探してみたい。」「木が使われているものがたくさんあったから、森を大切にしたいと思った!」など、素敵な感想をたくさん聞かせてくれました。
 福束小学校の皆さん、今日勉強したことを、生活の中でもぜひ活かしてくださいね!!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/408-33b49f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グリーンウッドワークから木育を学ぶ!(NPO法人 ぎふグッド・トイ委員会) «  | BLOG TOP |  » 森林づくりでまちづくり(NPO法人 元気な里ひだあさひ)

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (32)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR