topimage

2017-01

森林づくりでまちづくり(NPO法人 元気な里ひだあさひ) - 2014.10.07 Tue

 幻のわらび粉づくりを目指した森林づくりを!!
高山市朝日町では、『NPO法人 元気な里ひだあさひ』(以下「ひだあさひ」)が里山を活用したまちづくりをしようと取り組んでいます。

ひだあさひ

 かつてこの辺りではわらび粉づくりが盛んでした。しかし、わらび粉づくりは大変な手間をかけてもわずかな量しか精製できないような、割に合わない仕事。現在ではそのわらび粉文化はすっかり途絶えてしまいました。しかし、地域の文化の掘り起こし観光資源に育てられたらという願いを込めて、「ひだあさひ」では、良質なわらびが育つ豊かな森林(里山)にするべく、森林整備に取り組んでいます。
 10月4日(土)。『岐阜県立森林文化アカデミー』(以下「アカデミー」)の知恵をお借りして、協働での里山整備活動が行われました。

ひだあさひ・方向確認

 この辺りは樹種が豊富広葉樹の森林
 この日はナラを伐ります。
 針葉樹の伐採を経験する機会は多くても、広葉樹を伐採する機会は少ないようです。「アカデミー」の学生さんたちは先生の指導をうけながら念入りに伐採のイメージを膨らませて行きます。予定の方向へ確実に倒すために、チョークで切り口の印をつける場合もあります。
 針葉樹は家屋の柱などに活用されるように、概ね真っすぐに伸びているため、倒す方向を定めるのは比較的容易ですが、広葉樹は幹が曲がっていることが多いので、予想外の方向へ倒れる場合があります。枝の様子などもじっくり観察して倒す方向を定めます。

ひだあさひ・ロープ

 予想外の方向に倒れた場合はロープで方向修正を行うので、念のためにとロープもしっかりと結びます。
 写真右下は、伐採木の根元にある低木や笹を取り除きます。
 安全に確実に木を伐り倒すためには、足場の確保が欠かせませんね!

ひだあさひ・伐採2

 緑豊かな里山に、チェーンソーの音が響きます。
 木を倒す方向を定める受け口と、追い口を伐りこんでいくと…。メキメキメキ。少しずつ木が傾き始めたと思ったら、ドシーン!重みで一気に倒れていきました。
 この日「ひだあさひ」が同時開催していた『幻のわらび粉づくり』イベント参加者の皆さんも伐採見学。木が倒れると、拍手が沸き上がります!!
 結局準備したロープの出番はなく、すべて予定通りの方向に倒すことができました!すごい!

ひだあさひ・ふりかえり

 伐採後の切り株を見ながら、熱心に先生とともに振り返りを。さすが「アカデミー」の学生さん!向上心に満ち溢れていますね!
 切り株も美しく!!写真右下は、切り株に残った「つる」(受け口と追い口の間の部分で、伐倒の方向や速度を調整する役割を果たしています)の手入れをして、伐倒完了です。

ひだあさひ・玉伐り木槌

 伐採木を、玉伐りして運び出し、木槌として有効活用しました。
 『幻のわらび粉づくり』のイベントで、この木槌を活用してわらびの根っこをたたきました。森から出た木を、地域内で活用する、理想的な地域循環ですね!
 「ひだあさひ」では、他にも活用用途がいろいろ考えられているそう。今後の新しい活用にも注目ですね!

ひだあさひ・林業女子

 今回の活動に参加してくださった「アカデミー」の学生さんの中には4名も女性がいらっしゃいました!林業の未来を担う貴重な「林業女子」の方々です!
 普段の授業でも、女性ながらにチェーンソーを担いで木を伐っているそうです。
 岐阜県でも、林業に関わる女性が集まってイベントなどを行う『林業女子会@岐阜』という団体が注目されています。
 昔は男の仕事とされていた林業においても、今は女性の力を必要としています!林業に風穴を?!4名の「林業女子」の活躍にも期待したいですね!

ひだあさひ・集合

 こうして1日の活動を無事に終えました。今後も引き続き森林(里山)整備を行い、より一層光が差し込む森林を目指していくそうです。
 『幻のわらび粉づくり』イベントも大盛況!「ひだあさひ」事務局の佐合さんは、「整備された森林(里山)を、こうしたイベントなどでどんどん活用していきたい!そして、人が集まる森林(里山)として、過疎化が心配されるこの地域の活性化につながれば!」と語ります。
 『NPO法人 元気な里ひだあさひ』『岐阜県立森林文化アカデミー』の皆さん、引き続き持続可能な里山づくりをよろしくお願いします!!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/407-dda05890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「森の恵み」講座in輪之内町立福束小学校(アサヒビール出前講座) «  | BLOG TOP |  » 森の通信簿in中津川市加子母

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (58)
木育教室 (44)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (35)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (7)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (74)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR