topimage

2017-04

地域にも波及!人づくり・まちづくり!(小里川ダム里山教室) - 2014.09.28 Sun

 瑞浪市と恵那市にまたがる「小里川ダム」周辺の里山整備を行う『小里川ダム里山教室』(以下「里山教室」)の活動におじゃましてきました。

小里川ダム・集合写真
 
 「里山教室」では、平成18年6月から「小里川ダム」の瑞浪市側の「森林の整備」を行っていますが、現在はそれ以外にも「遊歩道の整備」や森林を楽しんでもらう「森林活用」(これが「環境教育」のきっかけになるのですね!)など、多彩な活動を行っています。
 9月27日(土)青空の下で、3つのグループに分かれて活動開始!

小里川ダム・エリア

 こちらは「山林手入れ」グループ。活動年月を重ねてくると、手入れする場所も随分と奥の方になってきます。
 集合場所から随分歩いた先がこの日の整備場所。たどり着くまでにひと汗かいて、水分補給だけしたら活動開始。
 まずはこの日の調査エリアを囲います。前回の活動場所の印をたよりに、そこから10メートル四方のエリアをメジャーで測り、ロープで囲います
 
小里川ダム・植生調査

 照度(明るさ)斜面の様子(傾斜の方向や角度など)を測定した後は、植生調査です。
 調査エリアにある植物の葉を集めて、どんな種類の植物がどれくらいあるのか調査します。種類が豊富であればあるほど、多様性に富んだ豊かな森だといえるそうですよ!
 今回の調査エリアは、見たところは針葉樹の生い茂る人工林。植生調査をしてみると、広葉樹の低木も何種類もあったので、「まずまずの森やな。」とのこと。

小里川ダム・森林整備

 植生調査の結果から、どの木(植物)を残しどの木を伐っていくかをイメージして、間伐開始です!
 チェーンソーや手鋸、剪定ばさみを使って、「これは伐るやつか?」「そうやそうや!伐ってくれ!」と、確認をしながら作業を進めていきます。

小里川ダム・照度

 伐り倒した木は、運びやすいように玉伐りもして、「こんなもんやな!」と、作業完了。
 作業後の照度を測定する(写真左下)と、作業前が1,089ルクスだったのに対し、作業後が2,890ルクスに大きく上がり、随分明るくなったようですよ!
 作業の成果が数値で表されると、満足感もしっかり味わえますね!そんな満足度がしっかり表情に現れた作業完了写真(写真右下)を撮影して、「山林手入れ」グループ作業終了。
 「次の作業はこっち側やな!」「こっちはまた大変そうやぞ!」と、次の作業エリアの確認をしてから集合場所へと戻っていきました。

小里川ダム・森の恵み

 写真左は「森林活用」グループ。イベントへの出展で使う材料集めを行います。直近のイベントで行った「葉っぱのしおりづくり」(色画用紙に自分が好きな葉っぱを選んで作品にしてもらい、ラミネート加工して「しおり」にする)が大好評!次回はどんな子たちが集まってくれるかな…と考えながら集めていたら、葉っぱや木の実が袋いっぱい集まっちゃいました!ついでに「おいしいキノコも見つけたよ!!」と、素敵な笑顔!
 写真右は「遊歩道の整備」グループ。遊歩道にある休憩小屋にハチの巣がかかっていて危ないということで、取りに行ってはみたものの…。すでにハチの巣は取った後だったそう。現場に残っていたわずかな巣の残骸を見せていただきましたが、この辺りではハチの幼虫「ハチの子」を高価な食材として楽しみにしている方もいらっしゃいます!ご馳走を先越されてしまって残念そうでもありましたよ。

小里川ダム・報告会

 お昼ご飯がすんだら、活動報告と今後の活動の確認。
 「里山教室」でも勉強熱心な方が多いようで、会員さんの会話で出てきた『ネイチャーゲームリーダー養成講座』の話題でも盛りあがり、「参加してみるとおもしろいよ!」との提案もありました!

小里川ダム・ウォーキング勉強会

 「里山教室」では、毎年秋に『秋の小里川ダム湖周ウォーキング』を開催しています。「里山教室」が平成19年から始めたこのイベントは、現在では地域の15もの他団体(行政や地域づくり団体など)と協力して行っており、200名近い参加者を集める一大イベントとなっています!
 午後からは、そのウォーキングの勉強会を行いました。
 ウォーキングコースで見られる植物のハンドブックを片手一生懸命メモをとりながら歩いていきます。
 「ここの森はこのシロモジがあちこちにある!」と、植物の説明の他にも、「これはブナの木。ブナは水分が多くて薪として「役にたたない木」、ということで『橅』という漢字を書くんだよと説明するとわかりやすい!」と、ガイドの説明のヒントもたくさん学べる貴重な勉強会となりました!

小里川ダム・整備済エリア

 森林を歩いている中で、「ここは数年前に手入れを行ったところ。」と教えていただきました!手入れを始める前は、ここは随分暗くて歩きにくい場所だったそうです。
 そんな過去があったことが信じられないほど、光がたくさん差し込む気持ちのいい場所になってますよね!こんな森なら気持ちよくウォーキングが楽しめますね!

  『小里川ダム里山教室』の森林整備は着実に進み、「里山教室」の活動をきっかけに、地域の人々の関心も集めまちづくりにもつながりつつあります!
 「里山教室」の成果の跡や、地域の人々の自然を愛する想い小里川ダムの豊かな自然を目一杯楽しめる『秋の小里川ダム湖周ウォーキング』!今年は11月2日(日)に開催です!定員まですでに残りわずかですのでお早めにお申し込みください!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/405-d19445ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

森の通信簿in中津川市加子母 «  | BLOG TOP |  » ぎふ木育地域キャラバン サポーター養成講座@中津川

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR