topimage

2017-01

ぼくらと森のかけはしプロジェクト(NPO法人Meets Vision)その2 - 2014.06.30 Mon

~ぼくらと森のかけはしプロジェクト(NPO法人Meets Vision)その1~
に引き続き『NPO法人Meets Vision』による『ぼくらと森のかけはしプロジェクト』(以下「ぼく森」)の活動をご紹介します。子どもたちはそれぞれのチームに分かれて、活動のふりかえりと「これからわたしたちにできること」をまとめ、「理想の森」の未来図を描きました。
 各チームの発表内容はそれぞれに、なるほどなと感心させられるものばかり。

ぼく森・すぎ
すぎチーム
 校長先生に練習通りうまく伝えることができた。プレゼントした木の箸をすぐに給食で使ってくれた。
郡上割り箸を近所の人など多くの人にあげて、良さを伝えていく。自分のパン屋を木で作る。

ぼく森・くるみ
くるみチーム
 木を伐ることは環境破壊ではないことを伝えて、日本の木をたくさん使ってもらう。
 大きくなったら木の家をたてて大切にする。大きくなったら木の家を売る人になって木の良さを伝えたい。

ぼく森・ひのき
ひのきチーム
 森には明るい森と暗い森があって、森が元気になると明るくなる。世界中がげんきな森になりますように!朝の会のスピーチの時間に森のことをみんなに伝える。
 最新型の木のマンションや木の電車、木の野球場をつくる!!

ぼく森・くり
くりチーム
 木のことを本にまとめる。郡上割り箸は漂白してないから安心。明るい森だと動物たちも元気になる。
 明るい森にかえるために木をいっぱい伐っていく。大工さんになって木で家や学校をつくる。

ぼく森・かき
かきチーム
 暗い森の木を使うと森が明るくなる。森が明るくなると生き物が増えて森も嬉しくなる木を使わないと森は守れない
 松岡さん(「ぼく森」主催の『NPO法人Meets Vision』代表)の木のイベントを増やす。

 皆さんとても充実した時間を過ごせたようですね。自分たちが感じたことを伝えて広めていきたいという想いをもって「ぼく森」を修了できたようです。
 一緒に参加してきたお父さん、お母さんたちからも「ぼく森に参加してから、今まで使ってきた箸を木の箸に変えたり、森を見て、ここは明るい森だねという言葉が出てきたりと、子どもたちの生活も変化してきた。」とか「子どもが学んできた森の様子を聞くことで、森を身近に感じることができた。」といった感想を聞くことができました。

ぼく森・寄せ書き

 最後に4日間一緒に学習してきた仲間から寄せ書きをもらってお別れ。皆とても寂しそうでしたが、充実した時を過ごせたようです。
 ここで学んだことを、ぜひこれからも1人でも多くの人に伝えていってくださいね!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/389-b1e18b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

楽しみながら環境を学ぶ(下呂市立中原小学校) «  | BLOG TOP |  » ぼくらと森のかけはしプロジェクト(NPO法人Meets Vision)その1

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (58)
木育教室 (44)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (35)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (7)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (74)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR