topimage

2017-06

身の回りのサイクル・つながりから学ぶ木育(クレマティス岐阜) - 2014.06.26 Thu

 岐阜県は県の面積に占める森林の割合(森林率)が全国2位という森林県!
 木の国・山の国、岐阜県では「ぎふ木育」を推進しており、木育に関わる取組みも各地で行われています。
 6月19日(木)、岐阜県から無料で貸し出している「ぎふの木のおもちゃ」を使った環境教育の授業を行う『クレマティス岐阜』(以下「クレマティス」)におじゃましました。

クレマティス・前時ふりかえり

 クレマティスは、英語・中国語・日本語の3ヶ国語で幼児教育を行うトライリンガルインターナショナルスクール。幼稚舎の門をくぐったら園の中はEnglishi onlyゾーン。先生ももちろんネイティブイングリッシュ。
 別のクラスでは中国語onlyの活動が行われていましたが、今回はEnglish onlyの年中・年長さんのクラスにおじゃましました。
 授業も会話も全て英語で行われていましたが、すべて日本語でお伝えいたします!

クレマティス・ウォーターサイクル

 クレマティスでは4月から自分たちの身の回りのさまざまなつながり(サイクル)について学習してきました。食べ物のつながりや生き物のつながりなど、さまざまなつながりによって成り立っている私たちの生活の中から、今、学習しているのは「ウォーターサイクル」。前回の授業では、水はどこからやってきてどこへいくのかを学んだようです。
 写真は前回の学習の確認。
 「川の水はどこからくるの?」「雨が降って、山から流れてくる!」
 皆の前で発表できた子は先生とハイタッチ!!このコミュニケーションが嬉しくて発表したくなっちゃいますね!さまざまな水の流れを確認。学習の内容が身についているのがわかります。

クレマティス・川辺の生き物

 今日はウォーターサイクルの通過点、川に注目して川辺の生き物について学習します。
 「どんな生き物がいるかな?体が緑色で…ジャンプも得意だよ…」「あまがえる!!」
 「体が赤くて…大きなはさみを持っていて…」「えび!」「えび?!えびがいるのは海だね~、川にはいないかなぁ…」「わかった!!ザリガニ~~~~!!」
 途中「日本語だとわかるけど、英語で何ていうのかわからないなぁ…。」「日本語でいいよ!答えてみて!」「ツル!!」「正解!craneだね!」というやりとりも。決して日本語をないがしろにしているわけではなく、子どもたちのさまざまな学習手段の一つとして英語で学習することもできるよ!といった感覚。教育方針は日本のものを基本としているので、日本の幼稚園と同じように、集団生活におけるマナーもしっかり身につけられていましたよ!

クレマティス・おうちごっこ

 さて、水辺の生き物の学習がすんだら、いよいよ「ぎふの木のおもちゃ」の登場です!!
 「水辺の生き物が暮らせるのも、木があって、水を循環させてくれているからだね!それではその木を使ったおもちゃで遊ぼう!」という先生の声で子どもたちは大喜び!準備も皆一斉に取り掛かってくれます。
 「おうちごっこ」も、サクサクと組み立てられていきます。
 年少さんだと真っすぐに組み立てていくので、なかなか「おうち」にならないそうですが、さすが年中・年長さん。曲げて組み立てられることがわかって、小さなマイルームを作り上げていきます。自分だけのスペースで思う存分楽しむことができますね!年齢によって遊び方も成長しています!

クレマティス・Jブロック

 「この木はヒノキだよ!」と、おうちごっこ。子どもたちが夢中に積み上げているJ・ブロックは「これはスギだね~!」と。私はヒノキやスギの英語名を初めて聞きましたが、ここの子どもたちには当たり前のこと!森を育てるためには間伐が必要で、間伐材を活用してこういったおもちゃも作られていることを勉強した後ですからね!

クレマティス・みんなでJ

 年長さんの女の子3人がブロックを集めて並べ始めました。どんどん大きくなっていく様子がおもしろくて、年中さんも集まってきてみんなでどんどん大きくしていきます。
 最後はみんなで「いっせ~の~で!」グシャグシャグシャ~!!とくずして「ワハハハハ~ッ!!」と笑顔で終了!!
 満足した子どもたちは、片付けまでしっかり頑張ってくれましたよ!
 
 今回は「水辺の生き物」についての学習でしたが、今までの身の回りのいろいろなつながりを学習してきた中で「木が使われているものは何がある?」という質問に対し、机、椅子、壁etc…「みんな木だ~!!」と、身の回りのとても多くの物が木で作られていることに気づいたそうです。そこから木を大切にする心が育っていくのですね!
 クレマティス岐阜では、今後もさまざまなサイクルについて学習していくようですが、いろいろなサイクルに関わってくる木の偉大さに気づいていってくれることと思います!木のおもちゃなどでの遊びを通して、目一杯楽しむ中から自然や木を大切にする心も育んでいってください!!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/387-eed28ba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぼくらと森のかけはしプロジェクト(NPO法人Meets Vision)その1 «  | BLOG TOP |  » 地域からも喜ばれる森林整備(岐阜森林愛護隊in恵那市武並)

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (26)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR