topimage

2017-05

道具の大切さを学ぶ!ひだ清見 バットの森づくり(NPO法人ドングリの会)その1 - 2014.05.23 Fri

 未来のプロ野球選手の活躍を支える森林づくりが高山市清見町で行われています!
 現在、野球に励んでいる少年少女たちは、金属バットを好んで使っている選手が多くなってきていますが、プロ野球では木製バットしか認められていないそうです。選手が活躍できるようなバットを作るためには、いかにいい木を材料として作るかということも重要な点のひとつとなります。
 
バットの森1・のぼり

 『NPO法人ドングリの会』(以下「ドングリの会」)が主催する「ひだ清見 バットの森づくり」では、バットの材料となるアオダモやメープルなどの苗木の植樹育樹活動を行っています。
 2005年、バットの製造も行うスポーツ用品メーカーの『ミズノテクニクス』(養老郡養老町)と木工メーカーの『オークヴィレッジ』(高山市清見町)が協力して、バットを製造する際に出る不適格材を、木工品に加工して販売するという不適格材の有効利用が始まりました。その売上の一部を「バットの森」基金としてドングリの会へ寄付することで、バットになる木の植樹、育樹活動に役立てられています

バットの森1・開会式

 5月17日(土)に開催された「バットの森づくり」は、今年で10回目!!記念すべき節目の回に、元・中日ドラゴンズの鈴木孝政さん、宇野勝さんも参加してくださいました。

バットの森1・バットができるまで

 皆さんは、1本の木からどのようにバットがつくられていくかご存知ですか?
 ミズノのバット職人の方々が、わかりやすい映像とともにバットができるまでを説明してくださいました。
 メジャーリーガーのイチロー選手元・メジャーリーガーの松井さんのバットも作ったことがあるというバット作りの名人、久保田さんにも登場していただき、参加者の男の子が一生懸命質問してくれましたよ!

バットの森1・植樹説明

 1本のバットができるのには大変な苦労がかかっていることを学んだところで、バットの森へ移動して、材料となる木の植樹を行います。
 植樹の手順を教えていただいたら、苗木を受取り、活動スタート!

バットの森1・植樹

 クワで土を掘り、苗木を埋めていきます。
 大人用の重いクワを振り下ろすだけでも疲れるはずですが…。さすがスポーツマン!日頃の練習で鍛えられているようですね!疲れたそぶりはみせず「もっと植えたい!!」という子がたくさんいました!!

バットの森1・剪定

 植樹が終わったら、育樹作業です。バットの木が大きく育つように、周りの小さい木や草をハサミで切っていきます。野球少女も一生懸命取り組んでくれましたよ!

バットの森1・先生

 活動がひと段落したところで、本日のスタッフを務めてくださった『森林たくみ塾』(以下「たくみ塾」)の塾生さんたちは先生から樹木の生長について学んでいました。たくみ塾では、木工の勉強をしていらっしゃいます。普段は製材された木と向き合っているため、生木の勉強はまだこれからだったそうです。塾の講義より一足先に学べてラッキーでしたね!
 写真右のヘルメットは、先生のマイヘルメット。シールやステッカーを使ってオシャレにデコレーション!!世界に一つだけのオリジナルヘルメットですね!道具に対する愛着もわきます!皆さんもぜひ、デコメット(デコレーションヘルメット)しませんか?!

バットの森1・選手と一緒に

 宇野さんや鈴木さんも、子どもたちと一緒に植樹してくださいましたよ!
 宇野さんは、選手時代にアオダモの木のバットを使っていたそう。「アオダモはねばりがあって、使いやすかった!」とのこと。植樹も何種類かある苗木の中から、アオダモを選んで植えてくださいました!
 鈴木さんは「今植えた木は君たちがおじいちゃんになる頃にやっとバットとして使える木に育つ。大変なことだなぁ。だから道具は大切にすること、そして人を思いやることを学んでいってくれよ!」と。

バットの森1・自然の恵み

 作業が終わって疲れていても、子どもたちは元気に森の中を駆け回ってました!
 作業中に小さいクワガタを見つけて虫カゴで持って戻ってきた子もいましたよ!注意深く自然を観察していたからですね!すごい!!
 作業が終わったところで曇り空も晴れ渡ってきて、すがすがしい天気の中で昼食タイム。おいしいアツアツの豚汁もいただいて、午後からの活動の元気を補給したら希望するプログラムの活動場所へ移動します。
~道具の大切さを学ぶ!ひだ清見 バットの森づくり(NPO法人ドングリの会)その2~ へ続く
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/380-78554965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

道具の大切さを学ぶ!ひだ清見 バットの森づくり(NPO法人ドングリの会)その2 «  | BLOG TOP |  » 絶景を見渡す森林づくり((株)平和堂・(株)ヤナゲン)

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR