topimage

2017-08

絶景を見渡す森林づくり((株)平和堂・(株)ヤナゲン) - 2014.05.20 Tue

 岐阜県では、平成19年度から「企業との協働による森林づくり」を推進しています。
 5月16日(金)、池田町の池田山にある「平和の森・池田」で、『株式会社平和堂』(以下「平和堂」)と『株式会社ヤナゲン』((株)平和堂の関連会社・以下「ヤナゲン」)の社員やご家族、地元の生産森林組合や役場の職員など112名が参加して森林づくり活動が行われました。

平和の森

 「平和の森・池田」での森林づくり活動は、春と秋との年2回。今回で6回目の活動となります。活動は自由参加。皆さん休暇をとって活動に参加されているそうです。ここで森林に囲まれて活動することで、リフレッシュしてまた仕事を頑張ってもらえたらとのこと。「こういった機会がないと参加できないから、参加できる時にしておこうと思って。」とは、平和堂の社員さん。森林づくり活動をリフレッシュの場としてやる気で来てくださっているのだなぁと感じます。
 開会式を終え、早速3つのグループに分かれて活動開始!

平和の森・作業2

 森林づくりには欠かせない除伐間伐
 大きく育てたい樹を残すために、周りの樹や雑草を刈り取っていきます。
 「写真撮るみたいだから、笑って笑って~!!」と、周りの参加者さん。一生懸命息を切らしながら伐っているのに、笑ってる余裕なんてありませんよね!そんな中、精一杯の笑顔をありがとうございます!

平和の森・作業1

 女性もたくさん参加してくださいましたよ!仕事や日常ではノコギリや剪定ばさみなんてなかなか触れることもないかと思いますが、できることに一生懸命取り組んでくださっている姿が素敵です!

平和の森・運び出し

 除伐、間伐で森林から出た木材は、安全なところへ運び出します。
 今回のイベント参加者最年少の5歳の男の子も、お父さん、お母さんと一緒に一生懸命たくさんの木を運んでくれましたよ!!作業が終わった時に「僕、木運んだよ!!」と、嬉しそうに話してくれました。まつぼっくりもたくさん拾えたそう。素敵な「木育のいっぽ」を踏み出してくれたようですね!

平和の森・伐採

 さて、除伐、間伐した木の中には、捨てるにはもったいないような立派な木もあります。そういった木は、有効活用されるようですよ!
 地元の生産森林組合の方に伐り倒していただいた木の枝を落としていきます。

平和の森・木材加工

 使いたい長さに切って、杭として使う物は片端の形を整えていきます。
 写真右の女性はチェーンソーを使うのは初めてだそうですが、生産森林組合の方のサポートもあって、立派な杭に成形できたようです!「振動がすごい!」との感想。そうなんです。だからあまりにも長時間使うと、手のしびれや痛みなどを伴う「白蝋病(はくろうびょう)」となる可能性もあるので、休み休み使ってくださいね!

平和の森・遊歩道

 杭ができたら、遊歩道に設置します。
 土を耕して道を作り、歩きやすいように木材や杭を設置していきます。

平和の森・歩道完成

 立派な階段の遊歩道ができました!!
 「人工の材料を使えば、長期間維持することができるけど、この森の木を材料として使うことで、資源の循環にも貢献しているんです。」人工の材料では、決して感じることができない、手作りのあたたかみも感じることができますね!
 区切りがついたところで、作業は終了。山頂へ移動して昼食です。

平和の森・山頂

 「平和の森・池田」がある池田山山頂は、濃尾平野が一望できる絶景スポット!この景色からも想像できるように、夜景スポットとしても人気の場所です。愛知県にお住まいの社員さんは、「山のふもとにある温泉に入って、ここの夜景を見に来たこともあるんですよ!いいリフレッシュになりました!!」と、素敵な笑顔で話してくださいました!企業の森の活動をきっかけに、社員さんのプライベートでのリフレッシュにも発展しているようですね!!とても素敵な繋がりができているようですよ!
 絶景の場所で昼食を楽しんだ社員さんたちを眺めながら、「手入れがされている山頂周辺の公園を見ることで、こういった森林にしていけばいいんだと、次の作業の目標にもなるといいなぁ!」と。なるほど!山頂で昼食をとることには、リフレッシュ以外にもそういった想いが込められていたのですね!

平和の森・集合
 
 「活動を始めた頃は、木々がうっそうと生い茂る暗い森だったけれど、今は随分と明るくなってきたなぁ。」と、一緒に活動に参加してくださった地元の生産森林組合員さん。
 「小さい子が入っても大丈夫な森にしていきたい。公園のような人々が集まるような森にしていきたいなぁ…。」と、平和堂の方々。また、今回は地元の生産森林組合の方や役場の方も参加してくださいましたが、「地元の方で、普段山に入らないような方にも来てほしい。地元の方と一緒に森林をつくっていけたら。」とも。自分たちが住む地域の山や森林に関心を持ってもらい、協力して森林づくりができたらいいですね!!

 素敵な目標をうかがえたところで、皆さんすがすがしい笑顔で帰路につかれました。平和堂・ヤナゲンの皆さん、お疲れ様でした。今後もリフレッシュしに来てくださいね!!
 また、この活動をきっかけに森林ボランティア活動に参加してみたいと思った方は、『ぎふ森林づくりサポートセンター』ホームページ<イベント情報>欄から興味がある活動をさがして参加してみてください!まるで今話題の映画『WOOD JOB!』のような、チェーンソーを使った本格的な間伐体験ができるようなイベントにも出会えるかもしれませんよ!ぜひご活用ください!!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/379-16981787
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

道具の大切さを学ぶ!ひだ清見 バットの森づくり(NPO法人ドングリの会)その1 «  | BLOG TOP |  » 木のおもちゃひろば(住まいと暮らしの総合展示会「クラシド♪ひろば」)

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (35)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR