topimage

2017-02

恵みの森づくりコンソーシアム 第9回勉強会 - 2014.04.23 Wed

 『恵みの森づくりコンソーシアム』(以下「コンソーシアム」)では、森林所有者・企業・森林づくり団体・研究機関など、さまざまな所属のメンバーが集まり、先人たちが育んできた美しい森林を子孫に残すために森林はどうあるべきか、どう活用すべきかを今一度考え、実践していくことを目的として、勉強会や活動を行っています。
 4月16日(水)に、平成26年度恵みの森づくりコンソーシアム総会と、第9回勉強会が開催されました。

コンソーシアム・報告

 総会では、平成25年度の事業報告と、平成26年度の事業計画などの議案について審議されました。

コンソーシアム・事業成果公開

 平成25年度、コンソーシアム会員の中からプロジェクトチームを結成して取り組んだ『恵みの森づくり推進モデル事業』(詳しくは「3月24日掲載記事」をご覧ください)についても活動報告がありました。作品が展示され、会員の皆様にもお披露目されました。

コンソーシアム・事業

 販売するとしたらいくらくらいになりそうか…、実際に商品化ができそうか…など、ビジネスの話が飛び交います。『森林たくみ塾』の佃さんから作品のこだわりも教えていただき、実際に使ってみて「やっぱり木の手触りはいいね!」「意外と難しいからおもしろくていいね!!」といった意見も。会員の皆様にも好評です!

コンソーシアム・川尻教授

 今回の勉強会では、『岐阜県立森林文化アカデミー』の川尻教授に「生活のなかで利用されてきた森の恵み(広葉樹)について」をテーマにご講演いただきました。
 日本、特に岐阜県では多くの森林資源がありながらも充分に活用しきれていません。
 現在、岐阜県の林業収入の約半分はきのこ生産に支えられています。林業大国のオーストリアのように、木材の高度利用バイオマス利用が増えていけば、岐阜県も日本ももっと素敵な森林国になれるはず!

コンソーシアム・質疑
(とても楽しい講演に、皆さんの知的好奇心も刺激され、質問も活発に!)

 森林づくりにおいて重要な活動の一つとして植樹や育樹があげられますが、上記のことを見据えて、最終的に木材として利用することを目的に育てることが大切だそうです。そして、植樹をする際は、人間の背丈くらいの大きさの苗を植えるのが一番効率がいいそうですよ!(雑草や野生動物被害にも耐えうる大きさなのだそうです)
 川尻教授のオススメ植樹苗は「山栗」とのこと。最終的に木材として利用する際に、比較的価格が高く売れるのと、何より樹が大きく育つまでは実となる栗が食べられる!!(人間だけでなく、野生動物のえさにもなるので、森の生物多様性にもつながりますね)理想は、植樹する森で生長している栗の実(幹も実の大きさも立派な樹からできた栗を選ぶのがポイント!)を拾ってきて育て、大きくなったら森に植えるのがベストだそう。皆さん!今年の秋は山栗探しに出かけましょう!!

 このように『恵みの森づくりコンソーシアム』の活動では、森林づくりのヒントがたくさん詰まっていますよ!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/375-8ed107fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

継続は力なり!(ブラザー工業株式会社) «  | BLOG TOP |  » 森林づくりで友人づくり!(八木山自然の会)

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR