topimage

2017-11

やまおかイワクラぼうけんクラス(山里楽耕&やまおか木の駅推進会議) - 2014.03.18 Tue

 全国に取組が広がっている「森のようちえん」「ぼうけんあそび場」「野外自主保育」。岐阜県恵那市でも新しい取り組みが始まろうとしています。
 恵那市山岡地域の山里で、土地と絆と人生を耕そう!と活動する『山里楽耕』に、場所や資材の提供、場所の整備等で協力する『やまおか木の駅推進会議』との協働で開催された『やまおかイワクラぼうけんクラス』(以下「ぼうけんくらす」)。トライアルが1,2,3月中に開催されました。

朝の会

 「ぼうけんくらす」ではプログラムは決まっていません。朝の会で主役の子どもたちやってみたいことを考えます。決められたことをやるだけではなく、自分で考えて遊ぶことで自主性が育ちますね!

米洗い

 遊びたいことが決まったら出発…の前に、お昼ご飯用のお米の浸け置き時間を考えて、お米を先に洗います。
 お米を必要な分量だけ量ってお釜で洗います。お釜に水を入れ始めると、ざるでお水を受けようと男の子が寄ってきました。「お水、落ちちゃうね!」と言いながら、楽しそうにずっとざるを構えています。この時の経験がいつか「どうして水が落ちちゃうのかな?」とか「どうしたら水が落ちなくなるのかな?」といった考えに結びついていくのかもしれませんね!
 お米が洗い終わったら、水の量を調整して準備完了!

森の散歩

 いよいよぼうけんスタートです!!
 子どもたちはダッシュで山の中へ駆け出します!道なき道の坂を一生懸命上っていく姉弟。まだ一人で上るのが難しい、小さい弟くんと手をつないで支えてあげる優しいお姉ちゃん。小さい女の子が一生懸命みんなの後を自分の足で歩いてくるのをあたたかく迎えてあげる男の子など、自然に囲まれた場所いつの間にか年上の子が年下の子に優しくなる所のようですね!

霜柱

 途中の道のりで見つけた木の芽から春の訪れを感じつつも、まだまだ寒い朝夕。霜柱を見つけたお母さんが子どもたちに教えてあげると…「みて~!!しもばしらだよ~!!」と、早速後から来るお友達に教えてあげていましたよ!子どもたちの吸収力ってすごいですね!
 霜柱を見ながら「宝石みたいだね~!僕持っていく~!」という素敵な感覚の男の子や、霜柱を踏んでサクサクという音を楽しむ親子など、楽しみ方は人それぞれ

展望台

 なかなか長い距離を歩いた先に待っていたのは…恵那地域を一望できる展望台!御嶽山や中央アルプスまで見渡せる、気分爽快の景色でした!
 山に登ったら必ずやりたくなりますよね!「ヤッホ~!!」というかけ声!ここは声が反射する山が近くにないため、やまびこは返ってこないかな~と思ったら…?「やっほ~!」とすぐ近くから別の声のやまびこさんが返ってきました!!

ご飯の準備

 展望台までのぼうけんを終えて戻ってくると、もうすっかりお昼の時間!みんなでご飯の準備をします。
 地域の山主さんのご厚意で使わせていただける場所で、火を焚いてご飯を炊きます。この日は、山里楽耕の趣旨に賛同する参加者の方々からご馳走の差し入れが!あまご、イワシ、鹿肉ジャーキー、猪肉、シイタケはほだ木からの収穫体験つき!ご飯が炊けるまで待ち切れませんね!ちょっとした坂をよじ登ってヒノキの小枝を集めて、火が消えないように燃やし続けてくれる子もいました!

いただきます!

 おいしいご飯がたけたので、おにぎりにして、差し入れや持参のおかずとともにお昼ご飯。どの子もおいしそうに大きな口を開けてモグモグしてました!今まで食べたことがない鹿や猪については、最初は「いらない…」と言っていた子も、お父さんやお母さんがおいしそうに食べているのを見て恐る恐る挑戦…。おいしい!とわかった後は、しっかりいただいていましたね!

ぼうけんくらす展望

 お昼ご飯がすんだらお母さんたちで集まって、今後の『やまおかイワクラぼうけんくらす』の今後についての相談会。
 「岐阜県は田舎だけれど、身近に自由に遊べる森があるわけではないので、こういった会があると嬉しい。」確かに、自分の家で山でも持っていない限り自由に出入りできないので親も遊び方がわからない。(自然の中で何をして遊んだらいいのかわからない)そうすると「ぼうけんくらす」のようなきっかけがないと、なかなか自然と触れる機会もないのかもしれませんね。皆さん「ぼうけんくらす」の継続を望んでいるようです。
 しかしスタッフとして運営に関われるかというと、仕事があるのでなかなか時間が…お手伝いなら…とのこと。すでに何人か運営を手伝ってくれる方は集まってはいるそうですが、まだまだ定期的に開催するには人手不足のようです。
 今回のトライアルで活動を応援してくれる方との新しいつながりもできたので、つながった方たちとやってみたいことを出し合って、今後はひとまずそういったおもしろそうなことをイベント形式で続けていこう!とのこと。
 『やまおかイワクラぼうけんくらす』を手伝ってくれるスタッフさんやイベント参加者募集中です!ぜひ『山里楽耕』ブログページフェイスブックページをチェックしてください。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/370-2deb4581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恵みの森づくり推進モデル事業・作品完成! «  | BLOG TOP |  » 夢追い人の森林づくり(みの国民参加の森林づくりをすすめる会)

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (47)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR