topimage

2017-01

有志者たちの輪が広がりを!(地域環境保全の会) - 2013.12.12 Thu

 山県市に今年新しく発足した『地域環境保全の会』の活動が始まりました。
 山県市にある「洞泉寺(とうせんじ)」の所有林(小山と竹林)を中心に整備を行う、会員数120名くらい(洞泉寺の檀家さんと、活動の趣旨に賛同する方々の集まり)の大規模グループです。

山県・地域環境保全の会

 昔は森林(竹林)資源の利用が活発で、自然と森林整備が行われていましたが、最近では資源の活用が行われなくなったため、山林が荒れ放題になっています。この辺りでは山林のすぐ近くまで団地となっているため、住宅に進出して困っていたそうです。また、森林の真横を主要道路が通っているので、交通の妨げになっていくことも懸念されていました。そこでまずはお寺の所有林を中心に活動を始めて、ここから高富地域(旧山県郡高富町)に輪を広げていけたら…ということで活動をスタート。
 有志者で集まって何年か前から整備活動を行ってきた(用水路に玉石を入れることでホタルの棲みかができ、ホタルが飛来するようになったことから、昨年はホタル祭りも開催できるほどに!といった実績もあり)ものを発展させるべく、今年の夏(2013年8月19日)の総会にて正式に会が発足し、今回の第1回の活動日を迎えることができました。

運び出し

 この日の作業は、お寺の横にある小山の整備です。会の中心メンバーの方々が前もって集まって伐り倒しておいた木の運び出しを行います。
 細い木や乾いて軽くなった木などは肩にかついでひょいひょいと!太い木は大勢で力を合わせながら「せ~の!よいしょ~~~!!」と動かしていきます。

破砕機

 写真左の黄緑色の機械は、国の事業である『森林・山村多面的機能発揮対策交付金』や、山県市からの補助も受けて購入することができた、木材チッパーです。
 運び出して集めた木をこの機械にかけてチップ状に砕いていきます。木材は、そのままの状態で置いておくよりも、細かくすれば細かくするほど分解が速くなり、土に還るまでの期間が短縮できます。こちらの機械は、だいたい5mm程度まで粉砕してくれるので、ウッドチップとして活用の可能性も広がります。

できることを…

 皆さんそれぞれに、自分が使える道具で作業を進めます
 倒木の運び出しがしやすいように、手ノコで枝払いをする方。草刈り機で山の下草刈りをする方。チェーンソーで倒木の玉伐りをする方。自分ができる範囲で最大限の仕事をこなしていきます。

女性と桜

 女性の方々は力仕事は難しいけれど落ち葉拾いなどで活躍!「久しぶりやね~。元気しとった~?」と、地域のコミュニケーションの場ともなっていきそうですね!「集めても集めても出てくるで、きりないな~!!」「わはは~!」と、会話に花を咲かせながらも手はしっかりと動かして、楽しそうに仕事をこなしていらっしゃいましたよ!
 山に1本だけあった、十月桜(一年に2度咲く桜の種類)の木もちょうど満開(まだ小さめの木なので花の数は多くはないですが)を迎えていて、皆さんの会話に花を添えているようでした!

発起人

 会の発起人の杉山さん(写真手前)。皆さんの先頭に立って仕事をこなしつつも、「とにかく皆さんの安全が心配なんですよ。」と、真剣な眼差しで活動を見守ることもしばしば。
 ヘルメットは購入済み(この日までに納品が間に合わなかったそう)。保険の情報も収集しつつ、会にとってベストな保険を検討中とのことで、安全面の強化も図っています

集合

 発起人、杉山さん。「この関・本巣線(真横を通る主要道路で交通量はとても多い)に沿って、ここを通る人たちが季節を感じられるような山にしていけたら…。そして周辺の山々に遊歩道なども作って、子どもたちが遊べる公園のような山にしていけたらいいなぁと考えています。また、整備の際に出たチップや薪などの二次利用もできるように考えていきたい…。」とのこと。しかしながら、まだ会の活動は始まったばかり。「まずは1年やってみて、その成果をふまえた上で、今後の目標を考えていきたい。」
 杉山さん(右から2番目)の想いが人を呼び、会長の杉山さん(右から3番目)が会員の皆さんをまとめあげ、中心メンバーの方たちが縁の下の力持ち(人が集まって活動するためには、下準備が必要!今回は前もって樹木の伐採と玉伐りといった危険な作業を事前にすませていてくださったおかげで、皆さんは安全に作業ができたのですね!)となって大勢の会員さんの活動を支えていく。そのおかげで大勢の会員さんが安全で楽しみながら活動ができる…。活動の輪はすでに広がりをみせています!
 『地域環境保全の会』の今後の発展にも注目したいですね!!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/354-100d44d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

参加率90%のやる気!(NPO法人 竹林救援隊) «  | BLOG TOP |  » 可児市里山の日(里山クラブ可児 他)その2

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (58)
木育教室 (44)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (35)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (7)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (74)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR