topimage

2017-02

木のおもちゃ広場inオレンジリボンたすきリレー - 2013.11.15 Fri

 子どもたちの明るい未来と子ども虐待防止の願いをオレンジのたすきに込めてリレーしていく「オレンジリボンたすきリレー」。今年は11月10日(日)に多治見市,美濃加茂市,関市,大野町をスタートしたランナーがたすきをつなぎ、15時頃に岐阜市のマーサ21にゴールしました。

オレンジリボン

 ゴール会場となるマーサ21ではオレンジリボン啓発イベントが行われ、「ぎふの木のおもちゃ広場」も開催しました。

オレンジ会場

 木のおもちゃ広場の向かい側にあるイベントステージでは大道芸やアロハコンサートなどが行われ、多くの観客でにぎわいました。
 
 木のおもちゃの購入をお考えの方の中には、「まだ子どもが小さいから、もう少し大きくなってから…。」という声もたまに聞かれますが、小さいお子様だからこそ木のぬくもりを肌でめいっぱい感じて、木のよさを感じとれるのかもしれません。高く積み上げることはできなくても、何かに見立てて遊ぶことができなくても、ただ木のおもちゃに触れているだけで心地よいようで、木の感触を味わうかのようにとにかくずっとおもちゃを握りしめてくれていた子もいましたよ。

親子で遊ぼう

 「木のおもちゃ広場」では、じっくりと親子の触れ合いを楽しめたり、初めて出会う子どもたちと仲良くなって遊んだりすることもしばしば。人とのつながりについてもたくさん学んでいってもらいたいですね。


アンケート

 このイベントでは、ぎふの木のおもちゃ広場で遊んでくれた皆さんに「木育(もくいく)」についてのアンケートにご協力いただきました。
 「木育について知っていますか?」という質問に対しては「知っていた」「知らなかった」の回答が半々くらい。ところが「木育を支持しますか?」という質問に対しては9割近い方が「はい」と回答。「自然に触れ合う機会も減り、学ぶ経験も少ないので、出来る限り触れ合う機会を作ってあげたい。」という声が多数みられました。
 また、木育を進めるにあたって、「木のおもちゃ広場を地域の子ども広場や児童館などにも常設してほしい。」「加工した木のおもちゃだけでなく、ただ木を切っただけのものなど、自分で作れる教室があると良い。」といったご意見もいただきました。このような貴重なご意見を今後の「ぎふ木育」の参考とさせていただきます。ご協力ありがとうございました。

いろいろ遊ぼう

 今回も多くの来場者でにぎわった「ぎふの木のおもちゃ広場」
 岐阜県では、今回のイベントでも人気だった「ぎふの木のおもちゃ」の無料貸し出しを行っています。子育てサークルや子供会のイベントなどにいかがですか?
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/350-64910d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

つみきdeあそばんかな «  | BLOG TOP |  » 恵みの森づくりコンソーシアム 第8回勉強会

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR