topimage

2017-04

ぎふ山の日フェスタ2013 - 2013.08.19 Mon

 8月8日は「ぎふ山の日」8月は「ぎふの山に親しむ月間」です。
 山の日に合わせて「ぎふ木育キャラバン」と同時開催で、8月4日(日)には岐阜駅周辺では「ぎふ山の日フェスタ2013」が行われ、岐阜の街中で山や自然に触れ合うことができました。

yamafesta-omote.jpg
fes-honbu.jpg

 JR岐阜駅北口広場にて行われたG2チャリティーフェスティバルも人気ですね。

yamanohi-taisou.jpg

 オープニングの山の日体操では、ミナモや観覧の方々も両手いっぱいあげて参加してくださり、会場が一体となったところで山の日フェスタスタートです!!

geroshi.jpg

 炎天下の中でも子どもたちの列ができた「間伐材利用大作戦 親子木工教室(下呂市)」かなづちの使い方がみるみる上達していくのがわかります。
 山や森林を健康に育てるために、木が混み合った部分では間伐を行うのですが、その間伐材の販売価格が安価なため、置き捨てとなっている所が多く、それが結果として森を不健康にしてしまうおそれがあります。【間伐材と森の関係について詳しくは2013.06.24 Monのブログ記事「自然のサイクルを援けたい!!(NPO法人 山と森お援け隊)その1」をご覧ください】間伐材をなんとか利用したいと始まったこの木工教室。子どもたちは自分で利用するものを自分で作る楽しみを山や森は間伐材が使え、森の健康回復を。お互いが嬉しい素敵なブースです。
 自分の手で作り上げる楽しみを味わえるのは木という素材ならではの素晴らしさですね!プラスチックなどの素材は、自分では加工できませんから…

aigotai.jpg

 こちらは「岐阜森林愛護隊」「恵みの森でクラフトづくり」恵みの森から集めてきた素材を使ってアクセサリー作りができます。世界でたった1つの自分だけのペンダントが作れましたよ!

miyagasa.jpg

 森の名手・名人「宮笠づくり」の問坂義一さんは、宮笠(農作業の時に被るアレですね!)を編む時に使う材料となる「ヒデ」(イチイやヒノキの木を細く削ってリボン状に加工したもの)を使ったクラフトを。
 またアクティブGのステージでは、12:00~宮笠づくりの実演もしていただけました。スルスルと流れるような手つきでどんどんできあがっていく笠に、そして問坂さんの技術に、思わず見入ってしまいますね!
 宮笠が作られているのは高山市一之宮地域。ヒノキで作る笠は日本各地で見られますが、ヒノキとイチイ(古くからイチイの利用が盛んだった飛騨地域ならではですね)の2種類の木を使って編み込むことで、木の色の違いから模様ができるのが宮笠の特徴。「蝉笠」という蝉が羽を広げたような飾りがついた笠はまさに芸術です!!ところが、この宮笠も後継者不足のため存続が危ぶまれています。実演をご覧になられた方、大変貴重ですよ!!
 
sansainosato-ibi.jpg

 「NPO法人 山菜の里いび」「間伐材を使ったキーホルダーづくり」では、使い道に困っている間伐材が、人から求められるようなかわいらしいキーホルダーに大変身!!しかも、自分で作ることができるんです。どの素材を使おうか、どれも素敵だから迷っちゃうブースでした!

yamanohi-lunch.jpg

アクティブGや岐阜シティタワー43の飲食店では、8/1~8/7までの期間、「ぎふ山の日限定ランチ」が楽しめました。山の恵みをふんだんに使った限定ランチ、このボードの前で、どこのランチに行こうか悩んでいるお客さんがたくさんいましたよ!

unarigi.jpg

 ぎふ木育推進員でもある行灯工房の入江さんの「古代の楽器-うなり木-をつくろう」では、「うなり木」って何?というところからスタートします。アボリジニーの間ではチュリンガと呼ばれる聖なる楽器(道具)を手作り。加工した木を紐につけて回すと低く響く音が鳴るので、遠くにいる仲間を呼び寄せる時に使ったりするそう。まさに人を集める聖なる楽器ですね!

bamboo-tai.jpg

 山の日ステージのオープニングとトリを飾ってくれたのが「竹竹バンブー隊」の皆さんの竹楽器演奏竹という1つの素材から、こんなにいろんな種類の音が出るのかと不思議に楽しい気分になるライブでした。実際に竹から楽器を作ってみようという「ひぃーはぁー笛」作りワークショップも興味深かったです!

yamanohi.jpg

 約7,000名の来場者が集まったこのイベント。ぎふの山や自然の魅力や森林を守り育てていくことの大切さを考え、理解する機会として、「つくる」「学ぶ」「味わう」「知る」「あそぶ」などのさまざまな観点から楽しみながら体感していただけたのではないでしょうか?
 平成27年には天皇陛下を招いての「第39回全国育樹祭」がこの岐阜県にて開催されます。「次世代に残せる恵みの森づくり」のために、できることから始めていきましょう!!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/332-75b1ea28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「森林・環境税」知ってなっとく!親子バスツアー «  | BLOG TOP |  » ぎふ木育キャラバン-その2-

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR