topimage

2017-11

蜂屋小学校の「緑と水の子ども会議」 - 2011.06.24 Fri

岐阜県の小中学校、高等学校、特別支援学校などでは
森林や水の大切さ、森、川、海のつながりを学ぶ
「緑と水の子ども会議」という取り組み(授業)が行なわれています。

今回は美濃加茂市立蜂屋小学校4年生の授業の様子を紹介します。

テーマは「水」。
小学校のそばを流れる、蜂屋川(長良川の支流の支流)を題材に、
上流域の雨水の行方(森林土壌の役割)がわかる実験と水質調査を行いました。

■雨水の行方
講師は可茂農林事務所林業課の安江さんです。

hachiya1.jpg

まずスライドで、蜂屋川の上流の森林の様子を見せていただきました。
地面には、葉っぱや枝がたくさん落ちて積もっています。
土の中の様子を見ると、石や砂や粘土などが層になっていて、
一番上に腐った葉っぱ(腐葉土)の層があります。

そこで、森林の土と同じように、砂利、砂、腐葉土を順番に入れた容器と
砂のみを入れた容器に、ジョウロで雨を降らせてみました。

hachiya2.jpg

森林の土には雨がどんどん浸み込んでいきましたが、
砂のみの方は、浸み込むのが遅く地表にたまった後、砂と一緒に流れていっていまいました。
↓写真手前(砂のみ)、砂が大きく削れてしまっています。

hachiya3.jpg

森林土壌は、保水力(吸水力)があり水を蓄えることができるというわけです。
「砂が水と一緒に流れてしまいビックリした。」「森の土はとっても水を吸うのがすごい!」
などの感想が聞かれました。

■水質調査
講師は(株)総合保健センターの市原さんです。

hachiya4.jpg

川の汚れのもとには何があるでしょう?
子どもたちからは「ゴミ」「どろや落ち葉」「生き物の死骸」などの意見が挙がりましたが
米のとぎ汁や洗濯に使った水、浄化槽の水などの生活排水などはあまり思いつかなかったようで、
「あ!そっかぁ~」「え~!きったね~!」と声があがっていました。

そして、蜂屋川の上流、中流、下流で(担任の先生が)汲んできた水で
パックテスト(COD=化学的酸素供給量)を行いました。

hachiya5.jpg

全員が、上流が一番きれいだ、と予想を立てたのですが、
結果はどれも「8以上」(汚いことを示す最も大きい数値)。
前日の雨が影響し、上流でも流れ込んだ土や葉っぱなどで濁っていたようです。

パックテストではわかりにくかったですが、
「自分たちが水をいっぱい汚すと川が汚れてしまうので、汚さないようにしないといけないと思った。」
という感想が聞かれ、自分たちの身近な蜂屋川がきれいであってほしいと感じたようでした。

Wrote:前西
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/28-355b0d50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

京町保育所で木育教室を実施しました «  | BLOG TOP |  » こんなことやってます①風と土の会「竹の子まつり」

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (47)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR