topimage

2017-11

アサヒビール(株)の出前授業「めだか教室」 - 2011.06.22 Wed

岐阜県の小中学校、高等学校、特別支援学校などでは
森林や水の大切さ、森、川、海のつながりを学ぶ
「緑と水の子ども会議」という取り組み(授業)が行なわれています。

講師として、森林組合やNPO団体の方、里山インストラクター、
大学の先生、紙漉き職人さん、地元の農家の方など様々な方を招いていますが、
アサヒビール(株)と(株)LIXILの社員の方が講師としてやってくる
「企業による出前講座」というものもあります。

今回は、郡上市立吉田小学校で行なわれたアサヒビール(株)の出前講座の様子を紹介します。
講師としてやってこられたのは、元東山動物園相談員の松山さん。
5年生の教室にめだかも一緒にやってきました。

medaka1.jpg

アサヒビール(株)名古屋工場の池で飼育されているクロメダカをテーマに、
メダカの生態や習性を学ぶことを通して、身の回りの人間を含む全ての「生き物」について、
「生きる」ということについてみんなで考えました。

madaka2.jpg

■メダカは何故メダカというのか?
―目が高い位置(上の方)についているため。
 利用価値の低いメダカは、随分長い間共通の名前はなく、(共通の名前が必要でなかったため)
 地域によって4000もの呼び名があったそうです。
■何故オスの方が背ビレ、しりビレが大きいのか?
―産卵のときにオスがメスを抱えるため。
■何故口が上の方についているのか?
―水に浮いているエサ(落ちてきた虫など)を食べやすいように。

など、それぞれに生きていくための理由があります。

松山さんの、「メダカは何のために生きているのでしょうか」という質問に、
子どもたちは、口々に「生きるため!」「子孫を残すため!」と答えていました。
(教頭先生が授業後に「子どもたちがそういう風に捉えていたとは驚きました。」と話されていました。)

madaka3.jpg

映像で、メダカが水の流れに逆らって泳ぐ様子や、
実験のため宇宙に連れていかれたメダカの様子も見せていただきました。

魚は進化して、カエルやサンショウウオになり、さらに進化してカメやトカゲになり、鳥や哺乳類になる。
だから、メダカにも手(むなびれ)が2つあり、足(はらびれ)が2つある。
「実は人間もメダカもそうそう変わらないんだよ。(遺伝子的にも)」という話もありました。

人間も基本的には「生きる」ために生きている、
生きる力を身につけるためにしっかり学びましょう!という結びで授業は終了。

授業を受けた5年生は、翌日翌々日と近くのキャンプ場へ、川や山での自然体験に行くそうです。
「めだか教室」は自然の中に繰り出す、とても良い心の準備体操になったのではないでしょうか。

Wrote:前西
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/26-aebf7513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こんなことやってます①風と土の会「竹の子まつり」 «  | BLOG TOP |  » 森林の楽校に参加してきました

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR