topimage

2017-05

樹と木をつなぐ取り組み - 2012.08.27 Mon

本日は森の中で生きている樹(き)と、生活で使われている木製品の木(き)とをつなぐ
取り組みの紹介です。

本巣市で活動している森林ボランティア団体「文殊の森里山クラブ」は、
月1回の活動日に里山公園内の林の整備などを行う他、クラフト体験も行っています。
今回、森の木を使ったクラフト体験のメニューについてサポセンが相談を受け、
8月25日(土)に森林文化アカデミーの森の工房を利用してグリーンウッドワークの
スプーンづくりを体験していただくことになりました。
IMG_8583.jpg

普段、木のスプーンが私たちの手に入るまでには、木を伐る人、運ぶ人、製材する人、
乾燥させる人、加工する人、販売する人を経てやっとたどり着きます。
市販の木のスプーンを見て、森のことが実感できる筈もありません。
このすべての工程を、自分たちでやってしまおうというのがグリーンウッドワークです。

使った木は、文殊の森で伐採されたコナラとリョウブ。
里山林の主役と脇役そろい踏みです。
IMG_6907.jpg

伐ったばかりの生の木はみずみずしくて非常に柔らかく、人力の道具でも簡単に
加工ができます。
IMG_8578.jpg

文殊の森里山クラブのメンバーは、今後の活動日にこのスプーンを使って
何か食べたいねとおっしゃっていました。
IMG_8593.jpg
ちょっと曲がった形をしていても、自分の力で仕上げたスプーンで食べれば
きっと美味しいでしょうね。

サポセンでは、このような樹と木、森と人とをつなぐためのコーディネイトも
行っています。
IMG_8609.jpg
是非ご相談ください。

wrote:小野
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/250-80a8350a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こども木育きゃんぷ@山県市美山町 «  | BLOG TOP |  » ㈱岐阜造園の森づくり第45回の活動が行われました

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (24)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR