topimage

2017-08

恵みの森づくりコンソーシアムの勉強会が開催されました - 2012.08.10 Fri

8月8日の山の日に合わせて、岐阜市のじゅうろくプラザにおいて
恵みの森づくりコンソーシアム第3回勉強会が開催されました。
IMG_7618.jpg

恵みの森づくりコンソーシアムは、岐阜県内や流域の企業などが
会員となって、今後の森林づくりについて、環境保全を重視しながら、
新たな森林資源の価値に注目して活用を進め、林業ではカバーされない
里山・奥山林の持続的な保全と森林資源を活用した産業の育成を目指すために
設立されました。

この日は、一般社団法人モア・トゥリーズ事務局長の水谷伸吉氏と、
岐阜県立森林文化アカデミー准教授の久津輪雅氏による講義が
行われました。

水谷さんは、「森林と都市をつなぐ試み」と題して、
森の多面的な機能(=恵み)を都市とつなげるための方策について
講義をされました。
IMG_7621.jpg

ANAの機内限定で販売された国産ヒノキ製のピンバッチ。
ピンバッチ
売り上げがカーボンオフセットとしてCO2削減に寄与します。
それを意識せずに購入した人にも、森に関心を持つきっかけに
なってもらえればいいとおっしゃっていました。

最新の圧縮成型技術を使った国産ヒノキのドコモの携帯
ドコモ
国産材のポテンシャルを発揮することにより、
消費者に木材の新たな価値を見出してもらいます。

その他、木造の仮設住宅やヒノキの集成材を使った棺桶など、
様々な事例を紹介していただきました。

カーボンオフセットというバーチャルから、地域材の利用、
そして実際に森に足を運んでもらうためのツーリズムといった
リアルな体験へと発展させていくことで、森や地域へのメリットが
増大します。
そんな、いろいろな切り口を束ねることで、都会と森がつながる糸口が
見えてくる筈だと、水谷さんはおっしゃっていました。

次に、久津輪氏が「人力の道具で生木を削る新しい木工・
グリーンウッドワークについて」と題して話されました。
IMG_7625.jpg

コンソーシアムの会員の方は、グリーンウッドワークという言葉を
初めて聞いたという方も多く、久津輪さんの説明を興味深く
聞き入っていました。
ドコモの携帯ボディーのような最新技術とは全く正反対の、
人力によるものづくり。
かつては普通に行われていた「木そのものの持つ特性を活かしたものづくり」
を見直そうというグリーンウッドワークの取り組みを、
久津輪さんは「古くてまったく新しいものづくり」と表現しています。

IMG_7630.jpg
震災以降、エネルギー問題が取りざたされている中、
さらに注目を集めているグリーンウッドワークを、
企業の方々が取り組んでいる森づくり活動に活かせないかという
問い合わせがたくさん寄せられていました。

今後も、コンソーシアムでは勉強会などを重ねて、会員拡大を図りながら
活動を深めていきます。

wrote:小野
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/246-c898f60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木育キャラバンinぎふ «  | BLOG TOP |  » ぎふ山の日フェスタに出展しました

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (34)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR