topimage

2017-11

(株)LIXILの出前講座 - 2011.06.18 Sat

岐阜県の小中学校、高等学校、特別支援学校などでは
森林や水の大切さ、森、川、海のつながりを学ぶ
「緑と水の子ども会議」という取り組み(授業)が行なわれています。

講師として、森林組合やNPO団体の方、里山インストラクター、
大学の先生、紙漉き職人さん、地元の農家の方など様々な方を招いていますが、
(株)LIXILとアサヒビール(株)の社員の方が講師としてやってくる
「企業による出前講座」というものもあります。

今回は、関市立南ヶ丘小学校で行われた(株)LIXILの出前講座の様子を紹介します。
岐阜支店より営業担当の社員さんが講師としてやってこられました。

LIXIL1.jpg

(株)LIXILは、キッチンや浴室、トイレなど水に関わる商品を扱っている会社。
そこで、オリジナル教材を用いて
「水が貴重な資源であることや水の循環について学びながら、生活に関わる水の大切さを伝える」
出前講座をおこなっています。

1時間目はすごろく『しずくの大冒険』です。

LIXIL2.jpg

一滴の水となって世界各地を旅します。
氷河になったり、地下水になったり、作物を育てる水になったりしながら
世界中の様々な水事情を知っていきます。

2時間目はクイズです。
30秒間水を出しっぱなしにするとペットボトル何本分(何リットル)になる?
トイレで「大」を流すと?
シャワーを3分間出しっぱなしにすると?

↓考え中・・・考え中・・・
LIXIL3.jpg

そして、食料自給率が40%と言われる我が国。
カレーライス1人前を作るのに、材料を生産するところから考えると
(バーチャルウォーターという考え方をすると)
外国の水をおよそ600リットルも使っていることになるそうです。
世界の水問題も他人事じゃない。
そんなお話もありました。

最後に、水を大切に使うために何ができるかをみんなで話し合いました。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/24-bc8c4202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

森林の楽校に参加してきました «  | BLOG TOP |  » 広葉樹の製材を見学に行ってきました

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR