topimage

2017-02

一押しの木のおもちゃ紹介 - 2012.05.26 Sat

5月12日(土)に開催された「木育指導者研修 木で遊ぶ」の際、
参加された保育園、幼稚園、子育てセンターなどの職員の方々が
施設一押しの木のおもちゃを持参し、紹介し合いました。
その様子を一部紹介します。

森林文化アカデミー松井教授から「木育」の視点を、
おもちゃコンサルタントの方々から「おもちゃ遊び」に関する視点を学んだあとで
普段施設で使用している木のおもちゃを見てみると、新たな発見もあったようです。

omotya1.jpg

手ざわりのよい木のたまごをにわとりさんの後ろに乗せて紐を引くと、
コロコロ、ゴロンゴロンとたまごを乗せる向きによって違う転がり方で転がりながら進みます。

omotya2.jpg

横に大きく動くおもちゃは子どもの視野角を広げる効果があるそうです。
何度も繰り返し使われるおもちゃなので、くるまの色が剥げて使いこまれた良い味を出していました。

omotya3.jpg omotya4.jpg

地元産の木を使った手づくりのおもちゃです。
手づくりなので、壊れても自分で修理することができ、ずっと使い続けることができます。

omotya5.jpg

中に玉が入っていてカラカラ鳴るもの、横に振ると木同士がぶつかってカタカタ鳴るもの、
楽器のギロのように棒でこすると音が鳴るものなどさまざまな良い音が鳴る積み木がセットになっています。

omotya6.jpg

ガラガラドンのお話組み木。
小さいヤギが橋を渡るとコンコンと音が鳴り、中くらいのヤギはトントン、
大きいヤギだとドンドンと大きな音がして、お話の表現の幅が広がります。

omotya7.jpg

近くの山で採ってきたツルで庭の木にブランコを作りました。
身近な自然物を遊びにどう生かすかも大事なポイントです。

何の木が使われているか、何故この形をしているのか、子どもの何を育むことができるおもちゃなのか、
作り手の意図を想像すると、様々なメッセージが伝わってくる気がします。

Wrote:前西
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/214-0a99fefc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

岐阜造園・水土保全の森みたけ «  | BLOG TOP |  » せせらぎ街道から仰ぎ見る山での植樹活動に参加してきました

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR