topimage

2017-04

今須中学校美濃研修 - 2011.11.09 Wed

11月9日(水)関ヶ原町立今須中学校2年生の総勢8名が森林文化アカデミーを訪れました。
総合的な学習の授業で、今須林業の活性化のための今須スギのPRとものづくりの手法を勉強に来たそうです。
講師は森林文化アカデミーものづくり講座の松井教授。
サポートスタッフとして、ぎふの木つかい隊の方々が来られました。
CIMG1668.jpg

今須林業は、岐阜県関ヶ原町今須でみられる集約的な択伐林業です。
立木を1本切れば、その周囲に苗木を植栽し更新が継続的に行われ、
枝打では、ブリ縄を利用して10数mもよじ登り、鉈を使い見事に化粧切りをします。
森林の持つ生産能力を最大限に高め、公益的な機能も発揮させる美しい森林だそうです。

生徒さんたちは、今までの授業で今須スギを使った二つの製品を開発しました。
一つがキャリーチェアー
CIMG1674.jpg
コロがついて持ち運びしやすくした椅子です。
CIMG1675.jpgCIMG1676.jpg
踏み台にもなり、お年寄りのために段の高さも考慮しました。
CIMG1677_20111109200615.jpg
蓋を開けると収納もできます。
CIMG1673_20111109200615.jpg

もう一つは鉛筆立て。
CIMG1672.jpg
焼きスギで色をつけて、デザインにこだわりました。
事業所向けの製品として開発したそうです。

この作品をユーザーの方にヒヤリングをしたところ、問題点をいくつか指摘されたため、
松井先生から、改善案のヒントが提案されました。

生徒さんたちからは、
適材適所という観点から今須スギの良さを見直し、製品を改善したい。
お年寄りなどのユーザーの気持ちに立って、どんなものを望んでいるのか考え直したい。
などの感想が聴かれました。

最後に松井先生から、
林業を生業にしてきた今須を誇りに思ってください。
君達が大人になって今須に戻ってくることが一番の活性化に繋がります。
と話されていたことが印象に残りました。
wrote:小野
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gifumori.blog55.fc2.com/tb.php/117-de0ae056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

里山整備研修~粗朶生産研修~ «  | BLOG TOP |  » 本庄工業㈱の「伐採・製材見学会in郡上」

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR