topimage

2017-06

 「平成29年度 第1回 安全管理研修・里山づくり後継者養成講座」 - 2017.06.26 Mon

自然豊かな環境(里山)の中で「自然保育」を楽しもう!リスクマネジメント編

 6月17日(土)、『可児市我田(わがた)の森』(以下「我田の森」)において、県内で里山づくり活動や、「森」を中心に自主保育活動に取り組む方など40名を対象に『第1回 安全管理研修・里山づくり後継者講座』を開催しました。
 今回は、里山の利活用、リスクマネージメント、森のようちえん等をテーマに講義と現地研修を実施しました。

里山安全講習・挨拶

 講師には『NPO法人森のなりわい研究所』の「やまんじ隊長」こと代表理事の伊藤栄一氏、 『自然育児こどもの庭』代表の園田智子氏をお招きし、「森のようちえん」や森林整備の事例を参考に、幼児が自然環境の中で、安全に安心して活動できるようリスクマネジメントについて考えながら、自然保育を通じた里山の利活用について学びました。

里山安全講習・講義伊藤

 伊藤先生からは「里山の活用と管理」について、森の「遷移(せんい)(移り変わり)」や里山整備にとって必要なこと、森林内での危険生物 (クマ、ハチ、ダニ、ヒル、マムシ等)とその回避方法を学び、まずは“森を観察する”ことがとても重要と先生の豊富な経験をもとに、森林との関わり方を考えながら講義を受けました。

里山安全講習・事例園田1

 園田さんは今回初の講師デビュー。これまでの歩みと、森での子どもたちの様子、「森」で活動する利点と厳しさ、その魅力について熱く伝えて頂きました。とてもしっかりと率直に、先を見据えながら活動をしてるという思いが伝わってきましたよ。参加者の方からもいろんなご意見を頂き「素晴らしい活動だ!」「ぜひ自分達の地域の森を活用して欲しい! 」という応援する声も聞かれました。こういった思いがこれからの活動に繋がっていくと良いですね。

里山安全講習・現地研修

 午後からは会場を「我田の森」に移し、ここで里山再生に取り組むプレーヤーの1つである 『NPO法人里山クラブ可児』堤氏による活動事例紹介と、伊藤先生が森の案内人となり現地研修を行いました。
 「我田の森」は、田畑やため池、手入れの行き届いた雑木林が存在する多様な生態系をはぐくむ里山です。山頂の「大岩」や見晴台から見る風景は絶景!樹木観察をしながら楽しく森を散策しました。

里山安全講習・ふりかえり

 1日の研修を終え、伊藤先生からは「自分のやりたいことを自分なりに 、年配の方、若い方、森をどう使いたいか一緒にどうやったら良いか、時間をかけてじっくり一緒にその空間づくりをしていくと良いですね。」と参加されたみなさんへエールが送られました!
 今回の研修で、みなさんの里山利活用の夢が更に膨らんだように感じられました。みなさんもぜひこれからの活動に活かしてみて下さい!

 Wrote:田中
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (35)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR