topimage

2015-11

200年伐期の神聖な森(『恵みの森づくりコンソーシアム』勉強会) - 2015.11.30 Mon

 出会いと協働による恵みの森づくりを!

コンソーシアム伊勢・神宮宮域林

 『恵みの森づくりコンソーシアム』(以下「コンソーシアム」)では、森林所有者・企業・森林づくり団体など、さまざまなメンバーが集まり、先人たちが育んできた美しい森林を子孫に残すために、森林はどうあるべきか、どう活用すべきかを考え、実践していくことを目的として活動をしています。
 11月30日(月)、第15回勉強会を開催し、200年伐期の森林管理を行う、三重県の伊勢神宮宮域林(きゅういりきん)を見学しました。

コンソーシアム伊勢・間伐計画

 宮域林は、神宮の森厳の保持を目的とした「神域」と、神域を守るように自然が保護される「第一宮域林」、そして20年に1度の式年遷宮で使われる御造営用材の生産を行う「第二宮域林」から成ります。
 まずは「第二宮域林」を見学します。伊勢神宮内宮からバスで30分ほど走ります。未舗装の林道に入ると、バスを降りるまでにも「立派な木がたくさんあるなぁ!」と皆さん目を見張ります。
 立派な樹木に感動しながら眺めていると、写真右のように、印がついた木が目につきます。「将来的に大樹を期待できる木には二重ペンキ(200年まで育てていく木)を、この次に生長を期待できる木には一重ペンキで印をつけています。」とのこと。二重ペンキの木が順調に育てば、一重ペンキの木はいつかは伐られることになります。「一重線でも相当太いのに、いつかは伐ることになるかもしれんのやなぁ…。もったいなくて伐るのためらってまうんやないか?」なんて声もあがりました。
 200年伐期の森林づくりでは、植樹時に1haあたり4,000本ある木を、200年後には1haあたり200本にまで間伐していくそうです。それを聞くと、自分たちの森林づくりはもっと伐っていかないといけないな…と考えられますよね。

コンソーシアム伊勢・森林

 「第二宮域林」は御造営用材の生産を行う森林と聞いていたので、完全な針葉樹の人工林を想像していましたが、さまざまな樹種の広葉樹も生い茂る見事な針広混交林です。
 「昔から、水源かん養機能(雨水を吸収して水源を保つことで河川の流量を調節する、森林の機能。緑のダムともいわれる。)を大切にしてきました。大正時代から『針広混交林がよい』と言われていて、このような森林づくりになっています。」とのこと。そんな時代から針広混交林という考え方があったなんて驚きです!自然に対して敬意の念を抱き、共存する生活から自ずと生まれてきた考え方に脱帽です。

コンソーシアム伊勢・内宮

 午後からは内宮の参拝も兼ねて、「神域」を見学します。
 写真右上、立派なヒノキの鳥居をくぐって参道に沿って歩いて行くと、「五十鈴川御手洗場」が見えてきます。ここは参拝する前に、五十鈴川の清流で心身を清める場所です。この五十鈴川の水源はもちろん神宮宮域林。古来より水源涵養機能を大切にしてきた宮域林から生み出される清流だからこその厳かなせせらぎです。
 写真左下、参道を歩きながら先を眺めると、必ず右か左かにカーブをしています。「神域では、神様の姿を露わにしないために木や森で囲んでいます。だから参道もカーブさせているんです。」古の日本人の神様に対する心配りに感動します!

コンソーシアム伊勢・内宮森林

 「神域」は、森厳の保持を目的としているため、自然の保護に努める禁伐域。参道の真ん中に生える木や、傾いて倒れそうな木も、あるがままの姿で残されます。(参拝者に危険が及ぶような特別な場合のみ伐採)
 中には、樹木全体が蜂の巣状となっていて、あちこちに開いた銃弾痕のような穴から蜂が出入りしていたような木もしっかり残っていました。
 だからこそ、写真下段のような樹齢100年を想像できるような樹木があちらこちらにそびえたっているのですね!
 「これはすごい木、すごい森だ!帰ったらみんなに伝えないと!!」一生懸命写真をとる姿がたくさん見られました。

コンソーシアム伊勢・集合写真

 身も心も清められてスッキリした頭で学ぶことができた勉強会。
 貴重な森林づくりを勉強させていただき、学んだことや新たに発見したことがたくさんありました!自分たちの森林づくりに活かしたいと意欲も高まりましたよ!
 これからの『恵みの森づくりコンソーシアム』の活動にもご期待ください!
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR