topimage

2013-02

山toなでしこ竹細工に挑戦! - 2013.02.28 Thu

武儀地区の女性林業グループ、『山toなでしこ』。
普段は、美濃市立花生涯学習センターを拠点とし、
山からの頂きものの間伐材や枝、草花などを使って小物を作り、道の駅美濃にわか茶屋で販売したり、
公民館活動で子どもたちのためのクラフト教室の講師をしたり、などの活動をされています。
詳しくはこちら

そんな山toなでしこの皆さんが今回ははじめて竹細工に挑戦しました。
竹細工の講師はNPO法人グリーンウッドワーク協会の鬼頭さんと
森林文化アカデミーものづくり講座の久津輪准教授。

yamatonadeshiko1.jpg

まずはじめに、竹の見方から教わります。
竹の種類として代表的な、マダケ、ハチク、モウソウチクの見分け方、竹の元末の見分け方など、
普段どこでも目にすることの出来る素材であっても知らないことは意外と多いです。

yamatonadeshiko2.jpg

竹の節はどうなっているのか、枝はどこから生えるのか、などの話を聞いていると
竹はただの円筒形ではないことがわかってきます。

yamatonadeshiko3.jpg

yamatonadeshiko4.jpg

今回は、籠を編むための竹ひご作りを行いました。
「竹を割ったような性格」とはよく言いますが、実際にはそう簡単に真っすぐ割れてはくれません。
そして、竹を割るときも剥ぐときも、鉈の刃が自分の方を向いているため、
はじめてやる人は、どうしても怖くて力がうまく入りません。
※刃物の持ち方、竹を持つ手の位置を間違えなければ(理屈的には)、怪我をすることはありません。

yamatonadeshiko5.jpg

出来上がりの目標は、幅5mm、厚さ0.5mmというとても繊細な竹ひごです。
剥いでいると途中でちぎれたり、割れたりの連続で、竹細工の技術がいかにすごいものかを実感します。
「昔の人はすごかったんやね~」と口々に感嘆の声が聞かれました。

yamatonadeshiko6.jpg

丸1日、悪戦苦闘の竹ひご作りでしたが、
「なんとなくコツがわかってきた」「最初よりはうまくできるようになった気がする」
「面白いのでもっとやりたい」という声も多く聞かれました。

山に全く興味を持っていない人たちと、
山を大切に思って暮らしておられる方、生業としておられる方たちとの繋ぎ目にいる私たちとしては、
もっと勉強して未来を見据えた活動をしていくことの重要さを感じています。

と、今後の活動に向けての抱負が『森林のたより』(2011年11月号)に紹介されています。

竹細工も、自然の素材を活かし生活に結びつける技術のひとつであり、
「繋ぎ目」の役割として、今回の体験が今後の活動に生かされることを願います。

Wrote:前西
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (58)
木育教室 (44)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (35)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (7)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (74)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR