topimage

2017-01

平成28年度 第2回  安全管理研修・里山づくり後継者養成講座 里山づくり編 - 2016.09.23 Fri

 ~平成28年度 第2回 安全管理研修・里山づくり後継者養成講座 安全管理研修編~に続いて、『平成28年度 第2回 安全管理研修・里山づくり後継者養成講座』里山づくり編の様子をご紹介します。

H28安全講習2・里山づくり様子

 講師に 『NPO法人 森のなりわい研究所代表理事の伊藤栄一氏をお迎えし、平成28年4月に「環境保全モデル林」第4号として利活用スタートした、中津川市『加子母福崎の森』(以下「福崎の森」)を中心に、約3時間程度のフィールド実習が行われました。

H28安全講習2・里山づくり講義

 「里山をどう捉えるか?」
森に入る前に、まずは参加者全員で「目指す里山像」について考えます。
 爽やかな外の空気を吸いながら、目の前には「福崎の森」、すぐ横には地域の木をいっぱい利用した杣(そま)小屋を模した作業小屋もあり、ロケーションは抜群です!

H28安全講習2・ストーリー

 伊藤先生曰く、近年「里山」は話題である。だが、「里山ってすごいね!」という割には活用率が少なく、人と自然の関わりが必要だと分かっていても上手く活用がされていないのが現実だ。
 自分なら?どんな森にして、どんな活用をするか?
 目前にある対象林を、「立地性(これまでの林業の歴史)、地域柄(食や生活の文化)、自然環境、・・・」全てを踏まえ、どんなストーリーで里山を活用していきたいか?それを考えながら「里山活用術」について学んでいきます。

 この「福崎の森」のコンセプトは『里山の文化・歴史を体感できる美しい森林のふるさと“加子母福崎の森”』 
 この目指す姿を基盤に、自分ならどんな森にしたいか?それぞれにストーリーを考え、参加者同士で交流し合いながら、いざ「福崎の森」へ出発!!

H28安全講習2・じゃんじゃん

 「おっ!ジャンジャン!」と登り始めて第一声!
 ここ「福崎の森」には、整備された「ジャンジャン」があり、参加者の皆さんも興味深々!
 昔の木材搬出装置である「ジャンジャン」は、昭和40年ごろまでに使われていた、薪などを山から里へ運ぶ、鉄線の滑車を使った簡素な索道だとか。
 伊藤先生をはじめプレーヤーさん皆で実際に手に触れ「昔は当たり前に使ってたなぁ~」。

H28安全講習2・散策

 更に森を奥へと進むと、「綺麗に整備されとる!」「坂道は結構急やぞっ。」「鹿の足跡があるな!」「小さな池もあるぞ~!」「なかなか明るくていい森やなぁ~」などなど。実際に見て歩いて、プレーヤーさんからいろんな声が聞かれました!

  「この森は整備されて綺麗だが、急な坂道がちょっと問題やなぁ。」「身障者にも来てもらえるような、なだらかな道にすることが必要や。」「景観はとても良い!」「木の階段は老朽化が早いから、石畳っていうのもいいんじゃないか。」
 森を散策しながら、参加者同士の意見交換は尽きません。皆さんそれぞれに森の利活用についてストーリー作りをしながら、思いは膨らみます!

H28安全講習2・木馬道

 森の最終付近に「木馬(きんま)道」が見えてきました!
 「おれ昔これ担いで山道歩いたぞ。」意外に多くの方からそんな言葉が聞かれました。
 「木馬(きんま)道」とは、山奥から材木を道路際まで運ぶための仮設の道で、昔は木馬(きんま)と呼ばれるソリのような荷台に材木を載せて、この上を滑らせて運んだそうです。
 「木馬(きんま)道」、林業の伝統技術ですね。(写真右下:実際に昔使用されていたもの。)

H28安全講習2・里山づくり将来像

 さぁ!いよいよここ中津川市加子母の、未来における「福崎の森」の利活用を考えた各々のストーリー発表会です!
 伊藤先生を交え、発表はフリートーク形式で多くのストーリーが飛び出しました!
 「身障者にも活用できる森づくり」「リラグゼーションエリアとして活用」「加子母地域の特性を活かしたフットパスコースを作り、トレッキング等できる森づくり」、「里山を体感する小中高の環境学習会」など。
 そして2027年開業予定である「リニア中央新幹線」の駅位置である中津川市。その波及効果を最大限に活用した「リニアの街づくり」は、「加子母・福崎の森」のアピール、利活用にもつながると。     
 里山利活用の夢はどんどん膨らみます♪
 日頃から、地域の里山づくりに取り組む皆さんだからこそ考えられるストーリーですね。

H28安全講習2・後継者づくり

 最後に伊藤先生から「後継者づくり」についてのお話。
 後継者養成は、将来の里山づくりを担う人材の発掘・育成という観点から、後々まで今の里山の形を残していくためには不可欠な問題である。だが、後継者を残すことだけにとらわれるのではなく、まずは自分たちが“楽しく、有意義な、やりがいのある”里山づくりを、自分なりのストーリーを考えながら、自分たちの活動に活かして欲しいと。

 こうして伊藤先生から学んだ『里山の活用と管理』。いろんな方々と交流することで大変刺激のある講習会となったのではないでしょうか。
 森林(もり)の「健全性の維持」を大切にし、地域の皆さんと共に、緑豊かな里山づくりを楽しみながら、そんな森林整備を行っていけたら良いですね。 

 Wrote:田中

スポンサーサイト

平成28年度 第2回 安全管理研修・里山づくり後継者養成講座 安全管理研修編 - 2016.09.21 Wed

 里山づくり始めませんか?

H28安全講習2

 岐阜県では、安全管理に配慮した里山づくりの技術の向上や、里山づくり活動の担い手の養成を目的として、「安全管理研修・里山づくり後継者養成講座」を開催しています。

H28安全講習2・座学

 9月17日(土)、中津川市加子母地域で今年度2回目の講座を行い、県内の森林づくり団体の方々19名が参加しました。

H28安全講習2・メンテナンス

 今回の「安全管理研修」の講師は『加子母森林組合』林業機械整備を専門とする田口哲平さん。丁寧な語り口で、とてもわかりやすくご指導いただきました。
 写真上段、チェーンソーのメンテナンスをする際には、ガイドバーのレール部分の変形がないかチェックします。レールは曲がっていないからと見落としてしまいがちなのが、レールの両側に出たバリ(ホワイトボードの一番左の図)。素手で触った時にひっかかりがあれば、それも変形のうち。やすりがけをして、形を整えてください。
 写真中段右側、チェーンソーはのこぎりに比べると重い機械。左ひじを左足の上に乗せて作業をすると機械の重みが軽減されるので、少しでも楽に作業が続けられますね!
 写真下段左側、チェーンソーのガイドバーの先端に、点のような小ささの穴が空いているものは、ここにもグリスを注入してください。

H28安全講習2・チェーンソー種類

 この日使ったチェーンソーは、皆さんご自身でお使いのもので、日本製や海外製などいろんな種類が集結!写真上段右側の先が細くなっているチェーンソーは、チェーンソーアートなどの細かい作業に向いているそうです。
 チェーンソーの刃を回転させる部分だけ見ても形が違います。
 写真下段右側。ソーチェーン(チェーンソーの刃)の締め具合は、引っ張った時に、ソーチェーンの内側がガイドバーのレールにギリギリ接しているくらいがいいそうです。先程のチェーンソーアート用のチェーンソーの場合はもう少し緩めがいいそうですが、自分が使うチェーンソーに合わせたメンテナンスが大事ですね!

H28安全講習2・試し切り

 メンテナンスを終えたら試し切りをしてみましょう!
 切り口を見れば、刃の目立ての善し悪しがわかります!が、その前に切りくずでもわかりますよ!粉状のものが良いのかと思ったら、切りくずが長めの長方形に近い形が理想的だそうです。「目立てが切れ味の8割!」長方形目指してぜひ目立てに励んでください!

H28安全講習2・まとめ

 山や森林での作業にも危険は潜んでいますが、念入りなメンテナンスなどの少しの手間と心くばりで未然に防ぐことが可能です。「何より安全を優先して、怪我なく作業を楽しんでください!」

~平成28年度 第2回 安全管理研修・里山づくり後継者養成講座 里山づくり編~へ続く

夏休み親と子の水源林教室~しずくちゃんとさぐる森のふしぎ~ - 2016.08.12 Fri

 8月8日(月)、各務原市「水辺共生体験館」にて『夏休み親と子の水源林教室~しずくちゃんとさぐる森のふしぎ~』(以下「水源林教室」)が開催されました。

水源林教室・挨拶

  水源林ってなあに?
  森林の水源かん養機能(自然に水がしみこむように徐々に養い育てること)に着目して整備される森林のこと。
 楽しい実験とゲームをしながら、親子で「水」と「森林」の関係について学んでみよう!

水源林教室・小林先生

 第1部は、『NPO法人e-plus生涯学習研究所』水の専門家 小林由紀子先生による「水のふしぎ」教室です。
 まずは「水を知ろう!」ということで、「地球上で私たちが使うことが出来る水の量は?」「私たちの体の中に含まれる水分量は?」など先生の問いかけから始まり、クイズ形式で次々とみんな元気に答えていきます。
 地球上の水の量から、水の液体・気体・固体への変化、地球上での水の大切な役割など、「水」について学びました。

水源林教室・しずくのぼうけん

 学んだことをふまえ、自分がしずくになって「水の旅」のゲームをします!
 水はどこからどこへと旅するのでしょうか?地球の水が移動する場所を「雲・川・湖・植物・土・海・地下水・氷河・動物」と分け、大人も子どもも一緒にゲームを楽しみます♪サイコロを振り、出た目の場所に移動!移動(旅)するごとにシールを貼っていきます。
 しずくちゃんの旅を通し、水の「循環」と「大切さ」がより分かりやすくなりましたね!

水源林教室・伊藤先生3

 第2部は、『NPO法人 森のなりわい研究所』森の専門家 伊藤栄一先生による「森のふしぎ」教室です。
 「身近な川で知ってる川はある?」始めに岐阜県の中を流れる川について学びました。

水源林教室・実験

 続いて大人と子どもに分かれ、第1部で学んだ「しずくの冒険」体験します。
 大人チームが「森の大地」。子どもチームが「しずくちゃん」。
 森の大地が柔らかく隙間があると、しずくちゃんたちは上手く隙間をすり抜けていきます。しかし森の大地が岩石のように強固で隙間のない状態だと、しずくちゃんたちがみんなで団結して立ち向かっても、森の大地には全く敵わずはすり抜けるどころかはじき飛ばされてしまいました。しずくちゃんたちが自由に冒険できるかどうかは、森の大地の固さ(構造)に大きく左右されるようです。

水源林教室・ろ過実験

 「土の中の生き物をさぐろう!」では、ペットボトルを使った手作り実験装置「ツルグレン(土壌動物抽出装置)」を使い、腐葉土の中の小さな虫をさがしました!
 「虫めがねで見てもわから~ん!」最初は全く見つからなかった子も、そのうちに「あ!いた!」「葉っぱの下で動いてる!」と誇らしげに小さな虫を見つけ、みんなで代わる代わる虫を観察しました。

 しずくちゃんとさぐった2時間の「水源林教室」「見て」「聞いて」「動いて」「触れて」盛りだくさんで楽しい時間でしたが、子ども達からも「まだ見た~い!」そんな声が多く聞かれる有意義な時間でした!みんな「水」と「森林」の関係は理解できたかな?
 水が流れ出る源「水源」には森林がある。森林があるから安心して「水」が使えるんだね!子ども達だけではなく、私たちも大人も「水の大切さ」が実感できた「水源林教室」でした。
Wrote:田中

山の日フェスタぎふ2016 - 2016.08.04 Thu

 8月は「ぎふの山に親しむ月間」!8月11日が「山の日」になりました!

山の日フェスタ・開催

 今年の「ぎふ山の日フェスタ2016」は、7月31日(日)に県民の利用者が多いJR岐阜駅周辺を主会場として開催されました。

山の日フェスタ・オープニング

 山や清流を楽しむイベントのオープニングは、アクティブG2Fの「ふれあい広場」特設ステージにてスタート!
 体操のお兄さんとぎふの森林づくりのキャラクター・あすはちゃん による「山の日体操」から元気よく始まり、『竹竹バンブー隊』による自作の竹楽器演奏と、高山市出身の『ヴァイオリニスト・打保早紀さん』によるヴァイオリン演奏を、心地よい素敵な音色とともに観客を楽しませてくれました♪

山の日フェスタ・ミナモ劇場

 『チーム清流ミナモ』による「清流ミナモ劇場」は、とてもパワフル!元気一杯のミナモに子どもたちはすっかり釘付けで、リズムに乗って一緒に踊る子もいました!!

山の日フェスタ・松ぼっくり工作

 ふれあい広場・であい広場では、6つのブースが出展。夏休みの自由研究にも役立つ、ぎふの山・森の恵みの素材を使った木工教室やクイズもあり、『森林総合研究所』のブースでは、沢山の親子が松ぼっくりを使った置き物やアクセサリー作りに挑戦しました!

山の日フェスタ・であい広場

 「答えこれ!」「ちがう~こっちだよ!」「生物多様性クイズコーナー」では、パネルとにらめっこのお子さんから大人まで、ワイワイがやがやと多数の参加を頂きました!

山の日フェスタ・杜の架け橋体験

 屋外にあるJR北口広場「杜の架け橋」では、15の出店ブースが並び、体験コーナーでは『NPO法人山菜の里いび』による「間伐材のスプーン・キーホルダー作り」ぎふ木育推進員でもある入江さん『行灯工房(あんどんこうぼう)』による「小鳥の巣箱づくり」など、興味あるブースで汗を流しながら親子で黙々と作品作りに熱中しました!『岐阜県左官業組合連合会』の、大人も子供も夢中できる「光る泥だんご」はもはや宝石です♪

山の日フェスタ・販売展示

 また、販売コーナーでは、『加子母森林組合』によるぎふの木が使用された木工品や工芸品が数多く並び、興味深げに足を止める人からは「この木の駒、懐かしいね~」などと和やかな声も聞かれました!
 展示コーナーでは『恵みの森づくりコンソーシアム』による活動紹介や、パネルや模型を使った県産材使用による家づくり『岐阜県森林研究所』による研究成果の紹介など、多くの情報を目で見て分かりやすく展示されていて、熱心に眺める方も多くみえました。

 猛暑日にもかかわらず、皆さん汗を流しながらも元気よく、「山の日」にふさわしく「楽しむ」「つくる」「味わう」「知る」「あそぶ」を体験頂けたのではないでしょうか。
 『森の恵みを暮らしの中へ』皆さんの気持ちが少しでも多く豊かになると良いですね!
Wrote:田中

里山づくり団体交流で情報交換!(里山づくり交流会2016) - 2016.08.03 Wed

 里山づくり団体交流情報交換

28里山交流会

 7月31日(日)、JR岐阜駅周辺で行われている『山の日フェスタぎる2016』に併せて、県内の里山づくり・森林づくり団体が集う「里山づくり交流会」が行われました。

28里山交流会・奥矢作森林塾

 まずは『NPO法人 奥矢作森林塾』の小林さんより活動事例を紹介していただきました。
 恵那市串原地域で活動する「森林塾」では、移住者の方々が地域をなんとかしたいと森づくりの会を立ち上げ、林業従事者から作業方法を学びつつ災害に強い森林づくりをめざしています。また、地域の木材を活用した古民家リフォーム塾を開催することで、都会からの参加者も集め、移住定住のきっかけづくりにも貢献しているようです。

28里山交流会・ドングリの会

 続いて『森林たくみ塾』『NPO法人ドングリの会』の佃さんより活動事例を紹介していただきました。
 高山市清見地域で活動する「たくみ塾」と「ドングリの会」。木工を学ぶ「たくみ塾」で、せめて自分たちで使う木を育てたいという想いで始まった「ドングリの会」の森林づくり活動。「子ども一人、ドングリ一粒」をキャッチフレーズに、下流にお住まいの富山県の方等とも協力しながら、森で拾ったドングリを育てて植える植樹・育樹活動を行っています。「ドングリの会」で育てた木を「たくみ塾」で使う「森づくりから物づくりまで」を学び、体験できる活動をされています。

28里山交流会・交流1

 参加者の皆さんがどのような活動をしているのか聞いてみたいですよね。
 3つのグループに分かれて参加者さん同士で意見交流をしました。

28里山交流会・交流2

 それぞれ所属団体の活動紹介の他にも、活動の悩みなども飛び交います。

28里山交流会・交流紹介

 3つのグループの意見を全体の場でも共有しました。
 「若い人たちにも参加して欲しいけどなかなか…。」「若い人にも森に入ってもらうためには、林業に対する制度を整えないと…。」と、後継者不足に対する不安が多く挙がりました。

28里山交流会・伊藤先生

 交流会のまとめは『NPO法人 森のなりわい研究所』の伊藤栄一氏。
 あちこちで聞こえた後継者不足の悩みに対して、「ボランティアなどの活動は、無理に続けなくてもいいと思っている。それぞれに楽しみながら活動して、その結果、長く続いていくのであればそれでいいんじゃないかな!」この一言で、きっと皆さんの心は軽くなったのではないでしょうか。
 続けなきゃと思うと辛い…。でも山や森ですごすことはとても気持ちがいい!だから自分たちができる活動を思いっきり楽しんでいきましょう!!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (58)
木育教室 (44)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (35)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (7)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (74)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR