topimage

2017-04

平成29年度スタート!(ぎふ森林づくりサポートセンター) - 2017.04.18 Tue

 平成29年度が始まりました!
 『ぎふ森林づくりサポートセンター』(以下「サポセン」)も4月1日より装いを新たに活動していきます!

saposen_20170418172229b4a.jpg

 今年度の「サポセン」は、田中(写真左)と、長屋(写真右)の2名で活動していきます。
 「4月1日より新しく入りました長屋です。林業や環境教育を勉強し、子育てをしつつ木育活動をしてまいりました。これまでの経験を活かし皆さまの活動をサポートしていきたいと思います。宜しくお願いいたします。」

 昨年同様、事務所は岐阜県林政部の恵みの森づくり推進課内にあります。
 ぜひお気軽にお問い合わせください。
 ※電話番号が変わりました。

ぎふ森林づくりサポートセンター  担当者: 田中/長屋
住所:〒500-8570 岐阜市薮田南2-1-1
岐阜県 林政部 恵みの森づくり推進課
電話:058-272-8473
FAX:058-278-2702
e-mail:c11513@pref.gifu.lg.jp


Wrote:長屋
スポンサーサイト

第13回 川と山のぎふ自然体験活動の集い - 2017.04.13 Thu

 3月23日(木)、岐阜市にある「みんなの森ぎふメディアコスモス」にて『第13回川と山のぎふ自然体験活動の集い』が開催されました。

山とかわとぎふ・挨拶

 この集いは12年間も続いていて、毎年一度、岐阜県とその周辺の自然体験活動指導者が集う楽しいイベントです。
 どなたでも参加でき、気軽に声を掛け合って集い今後の活動を語り合いました!

山とかわとぎふ・プログラム

 4つのテーマで交流する分科会。
 みんながゲストで参加者です!それぞれに活動されている団体や個人の事例報告をお互いにしながら、活動の課題、問題などを共有しました。

 今回は2つの分科会の報告におじゃましました。

山とかわのぎふ・分科会2

 「分科会2.ものづくりを通して岐阜の素材を生かす活動」
 みなさん、ものづくりや言葉で伝えるプロ。自然豊かな岐阜県だからこそできる「ものづくり」が掘り起こされています。消え去ろうとしている「手仕事」や「伝承文化」を守る人が活躍しています!

山とかわとぎふ・分科会4

 「分科会4.子どもたちの自然体験を進める活動」
 「森のようちえん」「プレイパーク」「冒険あそび場」「放課後ランド」などいろんなキーワードに岐阜県各地で活動が広がっています。岐阜県内では子供だけで参加できるキャンプ活動など催しも盛んに行われており、他の団体の活動や子どもの活動について一緒に考えました。

山とかわとぎふ・集合

 岐阜県内には200を超える自然活動団体があると言われています。
 「つながることで見えてくることもある」「知り合えば友達」「出会いとつながり」、まずは知り合うということを目的に活動を続けてきています。
 また、自然体験活動として括れない多様な活動がそれぞれのキーワードで独自の活動を通して地域つくりにつながる活動がされています。
 今後も声をかけあって、それぞれの場でより多くの人と繋がりながら自然活動の幅を広げていけると良いですね。

 Wrote:田中

森歩き、冬の旅人探し!(NPO法人 ふれあいの森自然学校) - 2017.03.28 Tue

 野鳥を探しながら冬の森を体験しよう!

ふれあい森椿洞散策会・出発

 2月26日(日)、『NPO法人 ふれあいの森自然学校』(以下「自然学校」)の『旅人探し!in椿洞ワンコイン散策会』(以下「散策会」)が開催されました。

ふれあい森椿洞散策会・森林体験活動

 「自然学校」は、森の案内人としてながら川ふれあいの森や椿洞をフィールドとし、年間を通じて自然散策会ライフスタイル講座の開催森のようちえんのサポートをしたりと、誰でも気軽に自然を楽しめるきっかけづくりを行っています。
 「自然体験活動やイベントを通して年間15,600人もの人と関わりながら楽しんでいます。今後もより多くの人に活動に参加してもらいたい。」と「自然学校」代表の中山さん。 

ふれあい森椿洞散策会・鳥の巣

 今年初めての「散策会」は、お天気が良くポカポカ陽気のなか小さいお子さんからから大人まで多くの方が参加。
 集合場所のビジターハウス前には園内で見つけたという「メジロ」や「ホオジロ」の巣が置いてありました!カムフラージュのため巣の周りには蜘蛛の巣など沢山ついています。

ふれあい森椿洞散策会・森林観察

 「自然学校」案内人のたかさん(以下「案内人」)の「はじめますよ~!」の元気な声とともに、「散策会」スタートです!
 集合前はあちこちから鳥のさえずりが聞こえていましたが、「おや?」何やら静か・・・
 それでも野鳥に出会えることを期待して、芽吹き始めた草花を観察しながら皆で鳥を探します♪

ふれあい森椿洞散策会・ルリビタキ

 「ルリがいるぞ!」案内人の声と指さす方向を目で追います。
 幸せの青い鳥「ルリビタキ」の雄を発見!!(写真:ルリビタキ)
 皆さん一斉に「わぁ~すごい!見れたね!!」「感動や!!」
 とてもきれいなブルーが入っていて、本当に幸運を運ぶかのように見えます♪
 ヒヨドリモズもいます!
 「ヒヨドリ」は世界では珍しく、日本でしか見られないため海外からのバードウォッチャーには憧れの鳥だそう。「モズ」は日本でよく見かける鳥ですが、雄雌一緒に見れましたよ!

ふれあい森椿洞散策会・マガモ

 水鳥は早起きで、朝7時半から10時ぐらいによく見れるそう。探鳥会ギリギリの時間でしたが、公園北側の松尾ヶ池で「マガモ」の雌雄に出会えました!

ふれあい森椿洞散策会・新芽

 ショウジョウバカマの新芽(写真右)や、モミジバヒメオゾリコソウ(写真左)を見つけました!まだまだ外は寒くとも、春はもうすぐそこですね♪

ふれあい森椿洞散策会・探鳥会

 ポカポカ陽気の「散策会」はアッという間で、参加者の皆さんは鳥を自分の目で見ることができ感動ひとしきりでした。
 多くの種類の鳥は見られませんでしたが、ルリビタキ、モズ、ヒヨドリ、マガモは雌雄と両方の姿を見ることでき、その生態についても比較しながら知ることができました。
 皆さんからも「生まれて初めてルリビタキを見れて良かった!」「水鳥が初めて見れた!」「楽しかった!」「初めて知ることが多くて良かった!」との声が聞かれとても有意義な探鳥会になりました。
 野鳥や草花などの自然観察をしながら皆さんと一緒に多くの感動が見つけられ、こんな素敵な自然体験はなかなか出来るものではありませんね♪ぜひこれからも「自然学校」の散策会に注目です!
 
 「冬鳥は3月中までで、草花はこれから。そこにしか咲かない花があるので色んなところを観察することはとても楽しいよ!」と「自然学校」の案内人のみなさん。
 また「自然学校」では、岐阜市内の公園で年間を通じて様々な自然体験活動を行っています。『NPO法人 ふれあいの森自然学校』ホームページをチェックして、ぜひ参加してみてください!!

 Wrote:田中

平成28年度 第5回 安全管理研修・里山づくり後継者養成講座 里山づくり編 - 2017.03.21 Tue

 森をどう伝えますか?

H28安全講習5・里山づくり

~平成28年度 第5回 安全管理研修・里山づくり後継者養成講座 安全管理研修編~に続いて、「関市百年公園」で行われた『平成28年度 第5回 安全管理研修・里山づくり養成講座』の様子をご紹介します。

H28安全講習5・森林講座

 「里山づくり後継者養成講座」の講師は『NPO法人森のなりわい研究所』代表理事・所長の伊藤栄一氏です。
 今回のテーマは「森を伝えるためのコツ」
 なぜ森を「つたえる」のか? 伊藤先生は2つの「継続」のため・・・と参加者のみなさんに語りかけます。
 一つは里山づくりの活動を継続していくため、もう1つは自分の中での継続に対するインセンティブ(意欲向上や目標達成あるいは刺激策)。
 「継続」するためには、モチベーションを上げるための社会的評価、やりがい、お金儲け、楽しさ、どれを引き出すためにも「伝える」ことはとても必要なのだと伊藤先生は言います。

H28安全講習5・整備方法

 「この里山をどんなコンセプトで仕上げますか?」
 伊藤先生の問いかけに、「全部手入れするんじゃなく、下の方はわざと残した方がいいな!」「秋になると実がなる木は残そう!」 「手入れは大事だけど何もかも全部伐ってしまってはいかん!見て楽しむことも大事じゃないか?」参加者の皆さんからいろんな意見が出ました!
 里山づくりとは、整備するだけではなく、森林体験活動が出来るよう自然も残しつつ、将来を見据えた森づくりをすることは、とても大切だと先生はおっしゃいます。

H28安全講習5・雑学

 また、ここでは携帯用のボードを使用した、先生からの『竹』は「草」か「木」か?という森林雑学的な話もありました!
  草にしては長すぎ、木にしては細すぎる。短期間でものすごく成長するという話もあるが、竹は数年で枯れることなく何十年も青々としており、茎は固く「木」のようだけど、木のような年輪もありません。
 結論、『竹』は草でも木でも無く「竹笹類」というグループに属するそうです。
 「普段そんなこと考えんけど改めて聞いてみると面白いなぁ!」と皆さん。

H28安全講習5・野鳥図鑑

 他には「声が聞こえる野鳥図鑑」を使い、いろんな鳥の鳴き声を聞かせてもらいました。
 野鳥のさえずりを人の言葉に置き換え覚えやすくしたものが「聞做し(ききなし)」といい、メジロは「長兵衛、忠兵衛、長忠兵衛=チョウベエ、チュウベエ、チョウチュウベエ」、ウグイスは「法、法華経=ホウ、ホケキョウ」。耳を澄まして聞くと、確かにそう聞こえますね!
 こういう森の楽しみ方も、ユーモアたっぷりで面白く、森を伝えるコツの1つになります。 

H28安全講習5・森散策

 ここ「百年公園」 は自然の多い「里山公園」で、四季折々の自然を感じられる草木が見られます。
 樹木を見分けるには、大きさや樹形の違い、葉の形や付き方、幹の模様などいろんなポイントがあります。それを踏まえた上で、ただ森林整備作業するだけではなく、具体的な目的を持ったストーリーを考えながら「里山づくり」をすることが大切であり、それが里山再生にも繋がるということを学びました。

H28安全講習5・森林浴

 こうして約2時間半の伊藤先生による「里山づくり講座」は、『百年公園』を中心に行われました。
 「森を伝えるためのコツ」いわば「森の魅力」を伝えるためには、「ただ作業しているだけではダメで、伝えるためには森林体験活動を通して、自分達が楽しく有意義に活動すること!そうすれば仲間も増え、後継者養成や、里山づくりの利活用にも繋がっていくよ。」と伊藤先生。
 そして人に何かを伝えるためには、ただやっている姿を見せるだけではなく、五感を通していろんな方法で伝えることも大切なのだということも学びました。
 今年度最後の伊藤先生の『里山づくり後継者養成講座』でしたが、先生の豊富な経験をもとに学んだ「里山づくり」の知識を、今後の皆さんの森林づくり活動にぜひ活かしていってみて下さい!

 Wrote:田中

平成28年度 第5回 安全管理研修・里山づくり後継者養成講座 安全管理研修編 - 2017.03.17 Fri

 正しい目立ては固定から!

H28安全講習5・チェーンソー整備

 岐阜県では、安全管理に配慮した里山づくりの技術向上と、里山づくり活動の担い手の養成を目的とした「安全管理研修・里山づくり後継者養成講座」を開催しています。
 2月19日(日)、関市岐阜県博物館(百年公園内)において、講師に『岐阜県立森林文化アカデミー』(以下、「アカデミー」)教授の池戸秀隆氏と、『NPO法人森のなりわい研究所』代表理事・所長の伊藤栄一氏をお迎えして、今年度最後となる5回目の講座を開催し、県内の森林づくりに興味のあるかた10名が参加されました。

H28安全講習5・DVD視聴

 アカデミーの池戸先生による「安全管理研修」では、チェーンソーを安全に使うためには何が必要か? 目立て作業のDVDを見ながら「ソーチェーンの正しい目立て」について学びました。

H28安全講習5・防護衣着用

 ヘルメットや防護服など安全道具の必要性、またおが屑から目を守るための防護メガネの着用など、身体や命を守るため防護衣は絶対必要!と池戸先生は真剣な眼差しで参加者のみなさんに伝えます。
 更には参考となる防護衣を実際に身につけながら、とても分かりやすく講義を進めます。

H28安全講習5・刃の角度説明

 特に目立ての際の「刃」の角度については、上刃目立て角(刃を上から見た角度)と横刃目立て角(ガイドバーに置かれた刃の横から見た場合の角度)の違いを覚えることが大切で、実際に「刃の模型」を使用して様々な角度について学びます。
 参加者の方から「なるほどなぁ。いつもしっかり目立てしとるようやけど、まだまだやなぁ。」「教えてもらうとよく理解できるし、角度も模型やと分かりやすい!」と声が上がりました。

H28安全講習5・目立てポイント

 DVDで確認した整備ポイントを頭に入れ、いよいよ実践です! 
 目立てをするのに重要なのは「チェンソーの固定」。
 ソーチェーンを動かないように固定し、カッターに合った大きさの丸ヤスリを使用する。ソーチェーンがフック型なら手元が下がりすぎバックスロープなら手元が上がりすぎ、修正のポイントを理解することがとても大切です!
 そして刃を研ぐ「目立て角」もそれぞれ違っているため、違いを目で正しく見極めることも重要であると池戸先生はおっしゃいます。

H28安全講習5・目立て実践

 みなさん黙々と自分のチェーンソーのメンテナンスに取り組みます!
 ヤスリはデプスゲージ(刃の角度を確認できる)を使用すると良い。30℃の角度で強く前におしつけるように!刃がまばらにならないように一つ一つ同じ回数ずつ削るのが一番!

H28安全講習5・試し伐り

 さぁ!目立てが終われば、試し切り!慎重に切れ味を試します。
確認は切断スピードと切断面の美しさ、おが屑の形や大きさなど。カッターの長さが短くても目立てが出来ていればよく切れます!
 「目立てをするとこんなに切れ味が違うんですね!」と参加者の皆さん。

H28安全講習5・メンテナンスまとめ

 こうして2時間半に渡る池戸先生の「チェーンソーのメンテナンス」は、DVDや模型などの教材による目で見て分かりやす講義と、丁寧な説明による目立てから試し伐りまでの実践とで中身の濃い研修となりました。
 参加者の方からも「明日から今日教わったことを実践してみるわ!」「1回じっくりこうやって勉強してみたかったから良かった!」という声も聞かれました。

 メンテナンス不足による作業中の機械トラブルは、作業効率の低下だけではなくけがや事故にも繋がります。常に最良の状態を保つためにも、まめな点検や自分で整備できることは非常に重要です。
 ぜひ明日からの「里山づくり」で、今日のメンテナンス方法を活かしてみて下さいね!

 ~平成28年度 第5回 安全管理研修・里山づくり後継者養成講座 里山づくり編~へ続

 Wrote:田中

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ぎふ森林づくりサポートセンター

Author:ぎふ森林づくりサポートセンター
『ぎふ森林づくりサポートセンター(サポセン)』は、岐阜の森づくり(里山づくり)、森林整備、森林ボランティア、木育、木工、環境教育(森林教育)、自然体験などの活動をサポートする「ぎふの森林づくり総合窓口」です。
森づくり活動に必要な用具や木のおもちゃなどの無料貸出も行っています。
森林づくりや『ぎふ木育』に関わるイベント情報も『ぎふ森林づくりサポートセンター』HPにて紹介中!取材依頼も大歓迎!お気軽にご連絡ください!ぎふサポセン

twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (20)
団体活動紹介 (130)
木の駅プロジェクト (7)
森のようちえん・プレーパーク (38)
木育ひろば (59)
木育教室 (45)
緑と水の子ども会議 (34)
企業との協働による森林づくり (39)
恵みの森づくりコンソーシアム (9)
岐阜県緑の博士(グリーンドクター) (2)
ファーストスプーン木育講座 (14)
森の健康診断・森の通信簿 (8)
お便り紹介 (8)
イベント報告 (78)
県、市町村 (15)
森林文化アカデミー (21)
メールマガジン (12)
お知らせ (10)

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR